2017. 01. 23  
このシリーズ、「ラグビージャパンの足跡」と題しているが、ジャパンが『統一された考え方』で発展したのは1960年代大西鐵之祐早稲田大学監督が、1966年全日本監督になった際、従来の『即席寄せ集めのジャパン』じゃなく、統一的な戦略、戦術を持って外敵に当たるべしとの考え方を提唱され、早稲田大学ラグビーベースにした『展開、接近、連続』の理論を持ち込んだモノだから、最初に、その先駆けだった早稲田大学ラグビー時代の様相を、説明しているのであり、今しばらく、お付き合い方

話を戻して、早稲田でのタックルの教え方は、当時の早稲田東伏見グランドに、素晴しい器具があったのである。すなわち、4mくらいの櫓が組まれ、そこに人型をしたタックルバッグが吊るされ、吊るしたロープの途中に、『ある仕掛けを持った金具』が付いていたのである。
ある仕掛けというのは、タックルする者がキッチリ肩で当たり人型バッグをしっかりバインドして、下にある程度以上の力で引くとバネ仕掛けの金具の錠が外れてバッグがタックラーとともに下に落ちる
ただし、この肩で当たる力と、バインドのタイミングが、ばっちり合わないと錠は外れず、タックラーとバッグは、ブランと孤を描くだけで、すなわち、落ちないのである
本当に、この用具は良く考えられていて、『早稲田の低く肩で行くタックル』は、これがあったから出来た、と言っても過言ではない。その後、何十年経っても、このような『仕掛け』は見たことがなかった。

さらに、ディフェンスシステムについては、これまた『前へ出るディフェンス』をするため、『絶対にタックル出来る間合いの概念立つ位置出足三段走、敵を追いこむコースどり』など、これも事細かに上級生から教えられたのである。

そして、アタックと同様に、『BKライン練ポジション練個人フリー練』でと、自分で考えて分からないところは上級生に聞いて、何時間もかけて出来るわけで、『自分で考えてやる癖づけ』も自然に出来、ど素人であった私でも、半年で『えげつないタックル)』が、出来るようになったわけである。

何故、こんなにも素晴らしい早稲田ラグビー文化が、築かれていたのか
次回へ、、、


スポンサーサイト
2017. 01. 21  
今シーズンの日本選手権は、トップリーグ上位3チーム、大学選手権優勝チーム4チームで戦うことで、今日の第一試合ヤマハ(トップリーグ2位)対パナソニック(3位)は、昨年度日本選手権優勝のパナソニックが、 リーグ戦第一節でヤマハに敗れ、苦しかった立ち上がりから立て直してリーグ戦3位で、この準決勝戦に勝ち残ったもので、その結果は、パナソニック36-24ヤマハで、パナソニック勝利リベンジを果たして、次の決勝へ進んだ

パナソニック勝因は、『ターンオーバームリと思えば捨てイケルと思えば逃さないブレークダウン状況見極め』と、『前パス、あるいは短いパスツナギ縦に切り裂くシンプルな攻めでのトライ』ではなかっただろうか。

続く、サントリー(トップリーグ1位)対帝京大戦は、サントリーが『学生チームを受けて立ち前半21-21の同点にされる醜態をさらし、『ラグビーは心と身体が連動するモノ悪い例』を示したが、さすがに後半は『心を入れ替え)』、スクラムでシッカリ押し、 54-29で(後半33-8、これが実質の実力差?)順当勝ちし、決勝に進んだ。

来シーズンから、大学チームの参入なしで、行なわれる予定とのことだが、全国高校ラグビー大会時にも示唆したように、現在の大学ラグビー環境下では『力の差があり過ぎるトップリーグチームとのゲームは、安全面からも、 避けた方が良い』ということからは、仕方がないのでは、なかろうか。

すなわち、以前にも書いたと思うが、『厳しいゲームが出来るフロントローを育てるには、ほぼ10年かかり1.5mルールの高校時代3年、大学4年では、その育成が不十分であり、スクラムと言う一番深刻な怪我が発生するところ、また双方コンタクト力が上がったところで危険なタックル予測されるところでは、避けるべき』ということからではなかろうか。

また、これは大学時代だけではなく、現代の日本の環境のもとで、幼児の時から大学生になるまでを通じて、日本ラグビーのトップリーグ、イヤー、 世界レベルのワールドカップに出て、強豪外国代表チームと対等以上に戦える、『身体および身体能力コンタクト力フィットネス』を論理的に、計画的に、組織的鍛錬していくべきではないのか?
そして、それが対等以上が難しいとするなら、どれくらいで怪我なく戦えて、後は戦略戦術と、精神面補強して、対等に戦えるのかを、本当に、真剣に考えるべきなのではなかろうか。

いずれにせよ、次の決勝戦では敵に遠慮なく、双方の持てる力を出し切る素晴らしいゲーム期待したいものである。


2017. 01. 20  
前回、『パスキックも出来ない奴に、CTBをやらせておくわけにはイカン』というクダリがあったが、チョット誤解のないように書いておくと、、、
私は、中学、高校とバスケットボールをやっており、楕円球のストレートパス自体はやれなかったわけではない。しかし『早稲田のBKに要求されるパス・スキルのレベル』が滅法高くてど素人が1年では、そのレベルに達していなかったという意味である。

では、当時『早稲田のパス』は、どう教えられたかと言うと、「まずボールが来る方向に両手を伸ばし、キャッチとともに『ワンモーションの腕の振り手首指のスナップフォロースルー』という一連の動きを滑らかに行ない、フラットな位置の味方に放るが、そのキャッチャー臍(ヘソ)の前で取りやすいようにスーと前にカーブするように投げる」という途轍もなく高い要求を満たさなくてはならなかったのである。

そして、このようなパスが出来る人間が5人並ぶと、どういうことを出来たかと言うと、当時スクラムでは、5m下がっていないディフェンスとの短い間合いにも関わらず、フラットラインから前に出ていって、たとえば『右オープンならSHからSOダイビングパスSOからは平パスでボールが空中にある間に⑩-⑫-⑬―⑭4人は同時にカットアウト出来て、各自が40cmづつズラセルと、ウィングでは160cmズラシ、完全に抜き去ることが出来て、なおかつSHから⑭に渡るまでの時間は4秒前後』といったムーブを完成させたのである。

そして、それをどのように落とし込んだかと言うと、『4年生主導のBKライン練習』でやり、さらに『それに必要なスキル上級生からのポジション練習』、その上に『足らざるところ自分で考えてやる個人フリー練習』でやることで1年~1年半程かけて出来るように、手取り、足取り教えてくれたのである。

ならば、『タックル、ディフェンス』はどうか? それは次回に、、、


2017. 01. 17  
さて、私が『大西鐵之祐ラグビー』を語るには、まずオヤジとの初の出会い・私が早稲田大学2年生1962~63年)の時に、戻らなければならない。
実は私は、その前年早稲田に入学してからラグビーを始め、7ヵ月後の11月23日早慶戦に、⑫左CTBで初のレギュラー出場を果たしたが、そのシーズンは、関東大学対抗戦最下位となり、1962年度転落したのであった。そして、その早稲田再建を担うことになったのが、大西鐵之祐監督だったのである。

すると、オヤジは着任して開口一番「今年は何が何でも勝ちに拘る『泥臭いラグビー』をやる」と言われたのである。そして、前年の早慶、早明戦CTBで出場した私に、大西監督は「タックルだけは出来ても、パスキックも出来ない奴に、CTBをやらせておくわけにはイカン」と、ウィングへのポジション変更を言い渡されたのである。
その当時、CTB面白さに目覚めていた私は「コンチクショウ、絶対CTBに戻ってレギュラーになってみせたる」と思ったのであるが、しかしこの変更が、私のスキル格段に伸ばせることになったのである。

なお、オヤジのいう『泥臭いラグビー』というのは、『勝つために、ルール上で許されることは、何でもやる』ということのようだったが、私には、『前へ出るディフェンスで、ロースコア・ゲームに持ち込み、アタックは、 BKでトライを狙えるところから確実にとる』という『明確な意図を持った、自分達が出来ると思えるシンプルラグビー』にみえたのだった。
さて、『どんな手立てで、トライを狙ったのか』は、次回に、、、


2017. 01. 16  
正月ボケか?   トップリーグ最終節録画を、 忘れてしまいました。
それで、トップリーグ公式サイトで, ハイライト結果を見ると、肝心の優勝を決定した『サントリー神戸製鋼』の戦いは、サントリー27-15神戸製鋼で、『サントリーの全勝優勝』になったという。
詳細を知れるのは、Jスポーツの再放送が1月20日の金曜日ということなので、今回は、ゲームの感想記事を、差し控えさせて貰います。


プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR