2016. 10. 01  
アーカイブ版であるが、最近に知って、感じたことと同じなので、その趣旨を先に書いておくと、、、
つい先だって「リオ・オリンピック」で女子レスリング金メダル4銀メダル1と、大活躍をした。彼女らの練習では、用具を使ったウェイト・トレーニングはしてなくて、チームメイトの『人間』を使って、即ち『人を担ぐ』などの方法で、筋力などを鍛えたという。
例えば、そういう『持ちにくい』ことで、「握力がより鍛えられ」、『人は動く』ことで、それに対応するために「体幹がより鍛えられる」、というのである。
その同じような趣旨を、『16年前の現場復帰の時点』で、私はラグビー現場実践することを、推奨していたのではないでしょうか。

2010.7.24  「練習の『なぜ?』を考えよう」

次は、2008年秋に書いた「日本のラグビーを考えるⅣ」を、より広く読んで貰おうと、ラグビーマガジンに投稿して載せて貰ったもの。

2009.7.1 : 日本のラグビーを考えるⅣ

魅力あるラグビーの創造:日本人の特性を生かした、攻守ともに前に出る変幻自在の面白いラグビーを創り出す」運動も、 昨シーズンは、アドバイス
した高校の20数チーム、 大学の10数チーム、社会人の数チームが、それぞれ素晴らしいゲームを創り、大いに成果を上げた。
特に、関西学院大が関西制覇し、帝京大が早稲田を破り対抗戦グループ初優勝、高校レベルでは、全国高校大会の準決勝で御所工実3-0京都成章と近年稀にみるディフェンスゲームを展開してくれたなど、素晴らしい感動を与えてくれた。
また、今年行われたU20世界大会の日本チームに教え子が数人出場して、日本チーム自体が「攻守ともに前へ出るラグビー」の片鱗をを見せてくれたことは、私が現場に戻った、この8年間の活動の成果と自負している。
このように、多くのチームにアドバイスしている中で、その練習方法について、感じたことがあったので、「日本のラグビーを考えるⅠ、Ⅱ、Ⅲ」に続き、Ⅳを投稿しようと思った次第である。
但し、今回は多分に私の独断と偏見もあると思われるので、機会があれば、大いにご批判を賜りたいものである。

1、なぜ、自分のチームがやることを練習しないのか?

最近は外国で行われている練習を、何の考えもなしに真似た「ジェネラルな練習」をやるチームが多い。
たとえば、FWとBKが一緒になってストレートランとパスの練習をする。
そこで、そのチームのゲームマネージメントを問いただすと、セットから近場でCTBがクラッシュし、そのあと、 FWが0チャンを攻め、その球出しでBKが横展開してトライを狙うという。

そこには、FWとBKが、 横一線になってパスをするというところは、 ないのである。その戦術に、 必要なのは、FWの縦のサポートであり、BKの横展開である。そういうところからは、つなぎの練習だけを取り出してやるのなら、FWはFWだけでガット中心の縦のサポート練習を、BKは、実際にそのシチュエーションで並ぶと予想されるポジションのメンバーで、パスと実際にやるムーブの練習をすべきではなかろうか?

また、同様にFWとBKが一緒になって3-2とか、3-3の練習をやる。
それもそのチームが、 数次の攻撃をFWとBKが横一線になってやる場合がほとんどないと予想されるレベルのチームがやっているのである。
そして攻守ともが、ひとつのポイントから左右に分かれ、攻防が始まる。
しかし、上記のゲームマネージメントであるならば、CTBがクラッシュの後は、SО、FB、Wが並び、FWは、BKの後ろに位置するのであり、なぜ、そのゲームシチュエーションで練習しないのか?
理解に苦しむのである。

要するに練習は練習、ゲームはゲームで全く関係してなくて、外国で行われているオールラウンドプレーヤーを育てる練習を、なんの考えもなく取り入れ自分達のゲームマネージメントではあり得ない、無駄な練習をやっているのである。
昨今、練習時間が短くなり、またスキルが低下していて、一杯やらねばならないことがあるというのにである。

故に、身体能力に劣る、すなわち「小よく大を倒す」には、全員が同じように動けるオールラウンドプレーヤー15人でやるラグビーじゃなく、それぞれのポジションの役割を、 きっちり果たせるスペシャリストを、 15人集めてやるラグビーを目指すべきであり、そういうことから、当然、外国で行われている練習とは違うはずである。
チームごとにやろうとすることが違うなら、当然チームごとの練習は違うはずである。しかし今、ほとんどのチームが同じ練習をしているのが見受けられるのである。

効率的な練習というのは、自分達がやることを、できる限りゲームシチュエーションに近い形で、やるものであり、それも、「どの場所で、誰が」やるのかに拘ってやるべきではなかろうか?

自分達のやるゲームマネージメントがない?』、 それこそ論外である。

次回は、第2章「なぜ、悪い癖がつく練習ばかりするのか?」を載せよう。


スポンサーサイト
2016. 09. 29  
久しぶりに、ブログ読者からの質問があったので、回答しよう、、、

<Sさん : 初めまして、現在、駐在している中米某国にてラグビーを始めました、Sと申します。 始めた当初より、偶然検索にヒットした(大変失礼な言い方かもしれませんが)貴ブログを、参考にさせて頂いております。
7,8年程運動のブランクは有りましたが、幼少期から高校卒業迄のサッカーの経験、その後、 入隊した習志野自衛隊勤務中に、 強制的に囓らされた
ラグビー(約三カ月程でしょうか)、総合格闘技の経験などが活かされ、技術レベルに関しては、相当未熟なレベルでは有りますが、こちら ( グアテマラ
共和国 ) では、一応戦力として扱ってもらい、仕事とは別の生き甲斐を見つける事が出来ました。
こちらの仕事で成功する為には、現地の社会へ完全に入り込むことが、大変重要であり、ラグビーは、その一つのツールになり得るものだと思います。
いずれグアテマラ代表でプレーすることを目標にして、楽しんで取り組みたいと思います。
こちらの代表のレベルは、恐らく花園一回戦負け程度のレベルだと思われ、技術面は、それを下回ります。 それ以前に、他中南米諸国の例に漏れず、サッカーが国民的スポーツであり、他のスポーツは、普及が遅れています。ラグビーボールを探し回りましたが、売っていないことが判明し、チームメイトに中古品を譲ってもらいました。 そんなレベルです。
ところで、肩作りに関する記事、大変興味深く読ませて頂きました。 個人的に、地道で苦痛が伴い、かつ成果が表れる、という作業が好きでして、先週から、毎日壁の突起部分(説明が少し難しいです)に、ダンボールと車の足元に敷くマットを貼り付け、毎日左右100回程、肩をぶつけております。
ここでお聞きしたいのですが、最終的にどのあたりの部位が"カチカチ"になるのでしょうか?首の付け根、僧帽筋の辺りでしょうか?
お忙しいところ大変恐縮ですが、ご指導頂ければ幸いです

横井回答:私はスクラムでのフッキング練習のため設置されていた、分厚い板にマットを張り付けた2枚の板の間に首を突っ込み、両方の肩をマット付きの板に当てることにより、『肩つくり』をしました。それにより、そのあたりの骨格が強くなったとともに、肩甲骨と鎖骨の間に筋肉?が付いたのか、自分の指で、その間を掴もうとしても、指が入らないようになり、肩甲骨を必死に掴んでも痛さを感じないようになりました。すなわち、肩を敵にぶつけても、痛くも痒くもないという状態をつくることで、タックルが全く怖くなくなったということです。なお首そのものの方へは、あまり意識していません、あくまで肩を強化したのです。こんなことで、お分かりになりましたかな、、、


2016. 09. 27  
2010.7.22  ラグビーとサッカーの『接近、連続、展開』

今年も猛暑の中、朝9時から夕方17時過ぎ迄、毎日数チームが25分ハーフゲームを1日10数回、5日間で延100回近くも行う「御所フェスティバル」、頼もしい限りである。その機会に、私も従来の参加チームはもちろん、新しく参加したチームにアドバイス、また2校増えた。

また、さらに嬉しかったのは、御所監督の働きかけよろしく、御所の東川市長が来場され、来年からは「御所市長杯ゲーム」中心にラグビースクールから、各レベルのチームが集まって、地域に根差した「御所市ラグビーフェスティバル」に発展が見込まれるという。まことに結構なことだ。

まさしく、数日前に私が提案していた、「行政主導のスポーツ振興」が、早くも実現に向かうという例を見せて頂き、意を強くしたものである。また、奇しくも市長は、私が今アドバイスしている関西学院大学の、ラグビー部ではないが、さらに有名なアメリカンフットボール部のご出身とのことで、親しく話もさせて貰い、「やはりスポーツ出身の行政の長が率先して、どんどんスポーツ振興の旗振りをと、、、」お願いもした。

こういう面では、サッカーが先行しており、今後も「地域に根差したスポーツの枠組み醸成」に目を向けたいものである。
ところで、サッカーと言えば、先日ワールドカップで、岡田ジャパンが、活躍したが、岡田監督は早稲田出身で、昔は東伏見でラグビーとサッカーグランドが隣同士にあり、よく行き来していた。そんな関係もあり、2年半前に岡田氏が急遽監督になった際、「日本オリジナルのサッカーを目指すということで、ラグビージャパンの大西理論『接近、連続、展開』も参考にして、強化して行きたい」という話があった。また先日ベスト16の結果を残して帰国した際の会見でも、その話が出ていた。

だから当然「日本オリジナル」という点では、私の推奨と全く同じことであり、逆にラグビーがその先鞭をつけていると自負している。そういう事で、2年半前に「ラグビーとサッカーの接近、展開、連続との関連」について、新聞取材があった時に、私が回答した文章を紹介しよう。

  < A . YOKOI MEMO:なぜ接近戦か? >       2008.2.5

1.大西さんが「接近、展開、連続」を考えられた背景は?

「展開、連続」は日本人の特徴である耐久力を駆使して、体力差のあるところで戦わないよう展開する、また当時ボール獲得率が少ないので、一旦獲得したボールは自軍で連続して攻撃し、必ず得点に結びつけるということで、これは、現在も広く行なわれ、理解できていると思うので、やや難解な「接近」に絞って説明すると、、、

①ディフェンスの接近:
それまでの外国チームとのゲームでは、走力、体力の差が大きく、大量点差で負けるケースが多かった。故に勝ちに行くには、敵をロースコアに抑えることが、最大の課題。エネルギーは重量×速度の二乗に比例するので、大男がスピードに乗れば止めにくく、敵が走り出す前に、敵が考えられない早さで間合いを詰めて止める「シャローディフェンスを究極にまで進歩させた・アタッキングディフェンス」が必要と考えられた。

②アタックの接近:
敵のロースコアを、 凌駕する得点をあげるには、当時のボール獲得率20%程度での少ない攻撃チャンスでも、確実に得点に結びつける必要があった。しかし、走力では抜けないし、当たれば潰れてしまうところで、日本人の敏捷性と巧緻性を活用し、逆にギリギリまで接近して、そこでボールを動かすことで突破は出来ないかと考えられた。

③大西さんは、常に敵の戦力と、自軍の戦力からどうすれば勝てるか、現実に即した戦法を考える人で、自軍の選手が努力しても実行できないことは採用しない。実際に上記戦法の中心となる・センタースリーコーターに、これが出来る人材を確保できる可能性があった(ここは自慢したいのが本心ではないが、当時アタック、ディフェンスの接近の両方ができる横井と、ディフェンスの出来る尾崎を、 スタンドオフからセンターにコンバートし、横井とコンビで、 アタックもできるように徹底努力させれば、究極の接近戦は可能と考えられたと推測)

そして、当時は考え方もなく、寄せ集めが常であったジャパンチームのつくり方も改革し、この考え方にあう人材を集め、夏合宿はじめ集合練習で3年間鍛え上げ、「統一した考え方をもったジャパンチーム」で、1968年のニュージーランド遠征を行おうと考えられた。そして、オールブラックスジュニアに勝つという成果に繋がった。

2.サッカーが「接近、連続、展開」を提唱した感想は?

サッカーに限らず、走力、体力の差を、日本人の特徴である・敏捷性・巧緻性・耐久性を駆使した日本独自の考え方で、カバーしていくことは必須である。現に野球のイチローにも代表される如く、今、世界で活躍する日本人アスリートは、すべてこの特徴を磨きに磨いた人物ばかりである。さらに、独自の考え方を開発し勝利しても、外人が真似をやり出すとか、それが使いにくいようルールが変えられることとなり、またそのことに即応した違った工夫をして、絶えず先んじて行かねばならないのは、日本のスポーツ界の宿命である。

サッカーが、 ベルリンオリンピックで、当時の強豪スエーデンに、短いパスをつなぐ戦法で勝利し、あっと言わせたことは承知の事実。今回の「日本人の特徴を活かした日本独自の方法でやる」という岡田ジャパンの考え方は当然であると考える。
去年の一月末にNHKで放映されたラグビーの「接近、展開、連続」がサッカー界で話題になったとも聞いているが、それもきっかけの一つであったならば、幸いなことである。

3.「接近、、、」が時代を過ぎても、色あせないのは何故か?

それは「変わらぬ真理」に基づいている「原理、原則」であるからだと思う。またラグビーの変遷とも関連しているとも思われる。というのは、ジャパンが、当時信じられないほどのシャローディフェンスをしたことで、世界のラグビーの守備も進歩し、守備が勝るようになったので、攻撃側が有利になるよう「ディフェンスを下げ、またタックルされてもワンプレーできる」ように、ルールが改正された。

さらには、ラグビーのプロ化が進み、自分の身体を鍛え、コンタクト力主体で数的優位をつくるゲームの組み立てができるようになり、ラグビー本来の「抜く、ずらして、繋ぎ、展開する」というより、「当たる、身体をあずけてオフロード」程度で可能となり、細かいスキルを磨くことの優先順位が下げられた、と言うより消えてしまったとも言える。
即ちボールゲームであるラグビーのスキルとしては、退歩しているように見える。また昔、タックルされるとボールを地面に置かなくてはならなかった為、自分より大きな外人とやる時は、敵に掴まれてもタックルが成立する前にボールを動かす、或いは捕まってボディコントロール出来ないのなら捕まる寸前でボールを動かすなどしたが、これが出来るには、当然敵に肩で当たれるというコンタクト力が必須であり、その上にそのようなスキルを積み上げた。
しかし今の日本人選手は、肩で当たることすらままならず、そこへ行くまでの途中の「ただ当たる」の段階とも見える。だから、「接近」というのは、まだこれから先、小さいものが大きな敵に対し、再現できるようにしなければならない「より進化した、高度なプレー」であり、色あせないのは、当たり前のことであると思う。

今考えねばならないのは、欧米化した日常生活の影響もあり、現代の日本の若者の身体が脆弱になり、耐久性、敏捷性、巧緻性という日本民族の特徴が、大変薄くなりつつあるという事実である。その分、まずそれを取り戻す努力が必要であり、時間と手間がかかると考える。だがスポーツにはすごいプレーが突然出来る天才という概念はない。「どうしたいか考え、練習で身体に覚え込ませ、状況に応じ再現できる努力をする人」が達人になり、努力すれば必ず出来るようになるものである。

故に、私が8年前に現場に戻り、「自分はどうしてそれが出来たのか」を自問し「何を練習したか」を思い出しながら「どう伝えるかを考え」若い人に少しづつでも高度なプレーを再現してもらえるよう、あらゆるところで機会をつくってアドバイスしているわけである。今後とも、この活動に、ご支援賜りたく。


2016. 09. 21  
2010.7.20 「どちらが、ディフェンスやり易い?」

また、一休みの問題、下図で、どちらがディフェンスしにくいですか?
がアタック、 がディフェンス、 はポイント

A図
                             
                                           
                  ○      ○     ○        
                  ○      ○
          ○

  ○
 
△        
          △      △      △     △ 
   △     
                      △ 


B図

                                              ○
                                      ○              
                               ○       
                       ○                                        
               ○     
        ○

○ 

△        
          △      △      △     △ 
   △     
                       △ 




A図のように、アタックが狭いライン間隔で、なお且つ立体化すると、色々な変化が出来、サポートもやり易く、どこで勝負するかは、アタック側で決められる。 ということは、アタック側の方が早く行けて、接点でボールをつなぐ、或いは、リサイクル出来る可能性が高い。

B図の横一線のワイドアタックでは、ディフェンス側は、 あらかじめアタック側が、どこまで回せるか予測でき、そこへディフェンス人数を集めて、ターンオーバーを狙える。

週末は、アドバイス行脚、ブログ更新は、来週に、、、


2016. 09. 19  
17日に行われたトップリーグ、ヤマハ―東芝の対戦が、近年では珍しくて『特徴のある戦い』だったので、書いてみよう。

ヤマハは、今季第一戦で、 昨年度の王者パナソニック『スクラムで圧倒』するなどで破り、その勢いを持続、比較的スクラムもシッカリしている東芝に対しても優位に立ち、その『FWの頑張りのおかげ』で、 ヤマハのハーフ団、早稲田出身⑨矢富⑩大田尾が、『ゲームをうまく創って』、快勝したのではなかろうか。

すなわち、前半16分『スクラム対応で手薄になったサイド』を、 矢富がうまくついて先制トライし、ヤマハ7-0東芝。
その後、20分東芝がヤマハゴール前でペナルティを得るも、消極的なショットを選択して、ヤマハ7-3東芝。
逆に24分ヤマハは東芝陣で得たペナルティをタッチに出し『ラインアウトモールできっちりとトライ』14-3とリードを広げた。
さらに、40分東芝ゴール前での攻めで、 ヤマハ矢富のパスが東芝選手に当たり、『一瞬ノッコンにも見えて、 両軍動きが止まったところ』を、矢富がボールを拾い上げ抜けてトライヤマハ21-3東芝で、前半終了

後半に入り、東芝スクラム挽回し、50分のスクラムでヤマハのペナルティを誘ったのにも関わらず、ここでもショット21-6、これで折角の反撃の芽を折ってしまったのではなかったか。
そして、その後ヤマハ『主導権』を取られたまま、55分には東芝ゴール前数次のラックから大田尾『浅いライン攻撃でタップパス』、一人目がツナギウィングの位置に入った二人目の宮沢がトライで、28-6
67分ヤマハが『スクラムで押し込み』またガラ空きになったサイドを矢富が走り、FBコーリー・ジェーン(オールブラックス・53キャップ)を『ステップ』で抜き去り、独走トライ33-6
76分にフェイズで、大田尾『コースを縦に立て直し』、ブラインド・ウィングを入れて(いわゆる『スタ横』)、 田中トライというオマケまでついて、なんとヤマハ40-6東芝快勝となったのである。

そして、何が珍しいかというと、ラインアウト・モールの1トライを除いて、他の5トライをあげたのが矢富3トライ宮沢1トライ田中1トライ、またアシストしたのが、大田尾、およびチーム監督清宮、BKコーチ堀川全員が早稲田出身者ということ。

また、前の文章の『』で囲んだ部分は、『56年前に早稲田でラグビーを教えて貰った私』が、16年前の現場復帰後アドバイスしているチームに、推奨する『修得すべき原理原則、基本戦術、スキル』であるということなのです。

手前味噌で恐縮ですが、私のブログを読み返して貰えば、必ず書いてあることですし、また探すのが大変だろうと思って、『アーカイブ版』をつくっているのも、その為ですので、ご理解下さい。


プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR