FC2ブログ
2020. 01. 22  
日本のラグビー環境で、『時間がない』のが一番の問題であり、
「チーム全員が自チームの戦術を熟知、共有し、ゲーム中での
あらゆる場面で、『ONE TEAM』となってプレーするには、戦術
を簡潔に、力強い
ものに、絞り込む必要」があるのではないか。

しかるに、多くのチームは「自チームで有り得ないシチュエー
ションのジェネラルな練習
(FW、BK入り混じっての3対2)」
など、目的意識のない練習をしがちではなかろうか。

効率的なチーム攻撃練習」は『自チームゲームマネージメント
に則したシチュエーションで予想される構成プレーヤーで行なう
組織プレー』のみに絞り込むのが、当然ではなかろうか。

そうすれば、「すべてのプレーヤーが、ゲームのどの場面で、
何をしなければならないかを覚え
、それが不十分なら、自分
足らざるところを個人練習する」という方向に、持っていける
のではなかろうか。

スポンサーサイト



2020. 01. 19  
昨今のラグビー環境で一番の問題は、「練習時間の確保」、
特に、「中学時代の12人制」、「スクラム1.5mルール」など、
の影響で、「FWにとって最重要なセットプレーの基本鍛錬
する時間が軽視された」のに加え、「FWに『多フェイズ攻撃
への参加
』を強要する」などにより、ゲーム中のFWとBK
の役割分担
では、FWに最加重な状況になっているのでは
ないだろうか。

即ち、「FWの第一の役割は、セットプレーでのボール獲得」で
あって、その上に、ディフェンスをBKと同等に行なうとすれば、
攻撃については、敵ゴール直前での「FWトライ取りきり戦術
に限るなどの配慮が必要ではなかろうか。

結果、「自陣からの抜け出し、中盤から敵陣深くまでの攻撃
ついては、BKだけで仕掛けることが出来る戦術の確立」が
必須の条件になるのではなかろうか。
故に、多くのチームで、なんとなく行なわれている「FW、BKが
一体となったフィールドプレーの練習
」が、自チームにとって
本当に必要だろうか、考えてみるべきではないか。

2020. 01. 16  
高校、大学と各チーム「前へ出るディフェンスで、熱戦を繰り
広げ、だいぶん楽しませて貰った」ところで、話を『戦術論』に
戻して、「この守備の伸長に対し、どう攻撃すればよいのか
(15人制ラグビー)」について、書いてみよう

ここでも、「第一に考えるべきは、自チームのラグビー環境
すなわち、15人制ラグビーチームとして部員は何人居る?
使えるグランドの状況は? 各プレーヤーのチーム練習に
年間何時間使える?
など、チームにより、異なるのは当然
だが、これらを考慮に入れた上で、自チームが目標の大会
までの練習で「出来るようになると確信できる戦術に、絞り
込んで練習する
」ということが、重要ではなかろうか。

ということは、自チームの練習は、自ずと「自チーム独自の
練習
」となる筈だが、一度確認して頂きたいもの

2020. 01. 11  
早稲田大快心の勝利!新国立競技場での初試合に花をそえた

本当に、本来のゲームを成し遂げた後輩達を祝福したい。これが
早稲田のラグビーである。

イヤー、言うことなし、よく頑張った!!

2020. 01. 11  
昨今のラグビーゲームは、身体および身体能力を利 したFW
のスクラム、ラインアウトといったセットプレーでの優位により
ほぼ勝敗が決まってしまっているのではなかろうか。

50年前の1960~70年代のように、ポゼッション 3 :7でも
BK、FW一体となったシャローディフェンスと、目の覚める
ような接近プレーでのトライで、勝ち切る」といったゲーム
望むことは、もはや至難の業と思われるが、天理戦片鱗
見せた早稲田本来「前へ出るディフェンスと、短いフェイズ
での鋭い突破でトライをとる」
ことが出来れば、大いに勝機は
ある
のではなかろうか。

頑張れ、早稲田! 期待してるぜ!

プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR