2010. 11. 30  
セットプレーの優劣について書くと、、、
例えば最近は、スクラムの優劣をはかるのに、ほとんど取りこめるデーターは揃っている。プレーヤーの身長、体重、出身校のスクラムに関する考え方、現在の学校の考え方などもわかっており、自チームと対戦した際の映像と他校との映像の比較からの相対的な評価など、いろいろ推測出来るはずである。

なお且つ、ここで留意しなければならないことは、例えば高校では、「スクラムは1.5mしか押してはならない」というルールがあるので、スクラムの優劣は、そんなに響いて来ない、と思っているのは、大間違いであるということである。
まず、直接的には1.5mであろうと、押されるということは、「攻守ともに前へ出る力、タイミングが殺がれることにより、多大な影響を及ぼす」のである。

また、スクラムの姿勢、押す力は、ラグビーのすべての基本であり、
これでFWのコンタクト力の強さも推しはかられ、ブレークダウンの優劣をも推測されるのである。
故に、高校生であろうとも、スクラムについては、身体が成長期にあること、および当然「安全第一」に配慮した上で、きっちり数をこなして鍛えるべきだと考える。

また昨日も言った通り、コンタクト力の差はランフィットネス、知的フィットネスに大いなる影響を及ぼすわけだから、これらを考えると、少ないボール保有率でも得点できるスキルをもったBKが育っていない・現代ラグビーでは、「スクラムを制すれば、勝ち」という図式になるとも、考えられるのである。

また、大学チームのFWは、高校3年間ほとんど厳しいスクラムワークを経験していないことからして、大学の4年だけでは、社会人のスクラムには、かないっこなく、社会人に勝てない原因であるのも、頷けるはずである。

同様に、ラインアウトについても、色々なデーターから、その実力は推測されるが、この分野は、スクラムほど、まだ研究されておらず、まだまだ敵を出し抜く考え方なり、スキル向上が望まれるレベルにあると思われる。特に、敵ボールラインアウトでの駆け引き、競り方に、研究余地が多大である。

こういうことからすると、身体及び身体能力の劣勢なFWは、これらセットプレーの習熟に多くの時間を費やすことが重要であり、今の練習時間から考えると、とてもFWがフィールドプレーの練習をする時間など見つけ難く、私がFWとBKはきっちり役割分担をしてとして、「FWはディフェンスと、肝心要のところでのボール獲得、そして小さいFWでも協力してトライを取りに行けるモールの攻防に、最大限の努力を費やすべき」であると、推奨している所以である。


スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR