2011. 07. 31  
こんな、コメントがありました。

<Y氏コメント:初めまして。以前からブログ読まさせていただいております。わたしは、とある医学部の大学のラグビー部のもので、今年五年生で副将をつとめております。
上にたつ者として、怒ることは無害で無意味だと思いますか? 特に、監督や指導者がいない環境では、我々幹部が、 ある程度怒る必要もあるのか? それとも、みんなで追い込もうだったり、出しきろうという雰囲気の方が、いいのでしょうか?

横井回答:ラグビーは「全人格を磨き」、その上で全知全能を駆使して行こなうもの。故に、「医学部大学生として」また、「医学部ラグビー部員として」の「守るべき規則ルール」を規定する必要があるでしょう。そして、それを遵守するための「組織」をも創設する必要があると思います。
要するに、主将、副将、主務、副務だけでは、最近手間のかかる多くの部員を束ねていくことは無理であり、日頃の生活を見守る
風紀委員?」、身体つくりを見守る「フィジカル委員?」ラグビー現場で選手を追い込む「学生コーチ?」など、必要な役割分担をきっちり決めて、運営していく必要があるでしょう。
そして、「信賞必罰」も明確ににするため、「誰が何を注意するのか」、或いは例えば「ア、シ、カ、コは全員で注意しあおう」などということも、きっちり決めれば良いのでは、、、

とにかく、ラグビーは競技の上では、一番規制が少ないゲーム。故にこそ「自分を律して、フェアープレーに徹して戦うべきもの」。外人は、負けそうになると、ドンドン「ラフプレー」や「ペナルティプレー」を平気でしてくる。これも、今迄は世界中で、日本人が一番フェアープレー精神が旺盛。しかし、日本でも最近は、核家族化や教育環境の変化で、「怒られる」ということが少なく、「ルールを守る」ということに慣れていない「若者」が多い。今一度、このような「規則」「組織」をしっかりつくり、全員が「フェアー」に出来るようにしたいものですね。

スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR