2011. 08. 05  
7月の31日の記事「指導者がいない時は、どうすれば良いか」に関して、コメントをしてくれた人が居るので、滑り込みで紹介しておきましょう。

<K氏アドバイス:20年ほど前に信州大学でプレーしていました。 当時の我々は横井さんがおっしゃるように、委員をもうけてとりくんでいました。
技術と競技規則の調査班と、 フィットネス委員会のストレングス(筋トレ)委員、スピード委員、スタミナ委員。年間と試合直前の食餌、夏場の給水その他の調査班があった気がします。
グランド外での渉外、対OB窓口もとても大切(当時の僕はまったく気がつきもしませんでした)です。
察するに、下級生の一部に、熱心さの面で問題があると、感じてるようですが 2~3年生からドンドン委員に抜擢していってはどうでしょうか? ひとつの役に、 年のちがう2人をつけて、複数年の任期とすれば、チーム文化の継続や学業に忙しい時期の負担軽減にも、役立つとおもいます。
筋トレマニア、ビデオ分析好き、他のスポーツや稽古事のトレーニングに通じてる者、格闘技経験者、テーピングが上手なのなどなどいろいろな人がいると思いますし、チーム内にいなければ、スピードやキック、タックルなど他の競技の学生/学外にスポットコーチを頼むってのはどうでしょう?意外なリクルートにつながるかもしれません。地元のレフリーはどうですか?熱心なひとがいませんか?
技術や戦術、戦略にかんしては、情報があふれています。だからこそ取捨選択が重要なのですが、こればかりは年の功で、追う必要のない流行と必然的なプレーの変遷の仕分け、そこから
チーム事情に応じての落とし込みとなると、合議制では無理とはいいませんが、時間的な無駄が多い。外部のアドバイザーに頼めるといいのですが…….
ながくなりました。がんばってください

よこい回答:おっしゃる通りです。貴方よりもっと以前の50年前の我々の時代は、各人が自分で考え、いろいろのことを自分でやれたのです。そして、20年前の君達は、ちゃんと役割分担をしてやっていた。しかし、いまの大学の現場では、みんなコーチや、トレーナーなどに任せて、言われるままにやる、「指示待ち人間」ばかりになってきたのです。
時代、環境の変化は恐ろしいものです。また、昔やっていたものからすれば、やれるだろうと怒っても、いまの人には「受け入れられない」。だから、現場をよく観察して、「どうすれば出来るようになるのだろう」と考え、「それを理解させて、出来るようにさせていく」という手間をかけないと、昔できたことが出来ないのです。

スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR