2013. 08. 30  
皆さん、考えて頂きましたかな?それでは、「1、アタッキングラグビー」の方から、おおよそ思いつくのではということを書いてみましょうかな?
(いや、「それは違う」といったことがあれば、またコメントでもして下さい)

「自陣からでも積極的にパス攻撃」というのは、いまは日本のラグビー界で流行っているので、このことについて詳しく説明しなくても、生徒たちには、受け入れられ易いかもしれない

練習もFW、BK交じって、全員がパス攻撃が出来るようにするジェネラルな練習方法を、多くのチームがやっているので、参考にすればわかるかも?

但しFW、BK一緒の練習が必要となると、FWセットプレー練習の時間との割り当てを、考える必要があるなー

攻撃するのに必要な「ボールの獲得」については、高校生ラグビーのスクラムでは1.5mルールがあるので大丈夫だろう、マイボール・ラインアウトだけは練習しよう

自陣からパス攻撃となれば多くのフェイズ重ねる必要があり、コンタクトおよびラン・フィットネス向上が必要であるが、グランドが使えない日に、「相撲・レスリング」「ロングを走る」とかを考えよう

また、ゲインを突破するために、「シェイプ」など、ジャパンがやっていることなども採り入れよう

しかし、宇宙人のようなプレーヤーレベル劣悪な練習環境から考えると、上記のことが全部うまく出来るだろうか、少々難しいかな

そうなると、このチームは「一体何を目的に、ラグビーをするのか」というコンセプトについて、どう説明して行けばよいのだろうか?彼らのモチベーションをあげる手段はあるだろうか?

といったところでしょうか。さて、指導者の皆さん、これで良いのでしょうか。  



スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR