FC2ブログ
2017. 09. 20  
最初のコメントをくれた「高校の指導者」から返信あり、ようやく理解してくれた様子。

<I さんの返信 :ありがとうございます。そうですね。もちろんタッチラグビーで誘った生徒には、タッチラグビーをと、 考えています。他のスポーツ経験や受け身が取れるかどうかなど、身を守れる術を得ていることが15人制を行う上で、 大切だと思います。打ち所が悪ければ死に至ることもきっちり教える必要性も、感じています。高校のラグビーに関われば関わる程、特に底辺程危険が増していると感じています。
タックルについては、初心者は実技テストに合格したものが始めて試合に出ることが出来るなど必要かもしれません。ウエイトリティング界では、フォームの試験をパスした者のみ大会にも出場出来るそうです。
横井さんのおっしゃるとおり、本格的にやるならば、大学に入ってからやっても良いと思います。身の丈にあったものをと、考えています。ありがとうございます

<横井追伸 : なお、明日から「アドバイス行脚」が続き、一週間ほど「ブログ更新」が、遅くなると思います。
アタック編が始まったばかりで恐縮ですが、他チームとの比較作業を続けておいて下さい。
この「どう比較するか」の作業は、両チームを熟知している指導者しか出来ないことで、ただ単なる身体および身体能力、ボール獲得能力、コンタクト力ゲームのテンポなどの物理的数値だけでなく、ラグビーでは、もう一つ重要な「メンタル面の影響」も加味して考えねばならず、画一的な方法はないと、 思いますので、各チームオリジナルな方法を、探求されては如何?


スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR