FC2ブログ
2017. 11. 27  
ジャパン対フランス戦、同点引き分け素晴らしい!!
フランスで2週間非公開合宿をやり、「戦略、戦術の確認、習熟したのが効いて、、
上記の成果を得たのだと、推測される。

すなわち、ジャパンは『斯様な緻密な準備と、落とし込みという作業』を、シッカリできる時間確保できれば(段取り出来れば)、大いなる成果が得られるのではなかろうか。
但し、毎度述べているように、ここで満足していては、絶対足をすくわれる。なぜなら、2019年までには、当然、敵も「ジャパン侮れし」と、分析を強化、対策して来るからである。

それでは、その対策は、、、これぞ、 10月28日に書いた『推奨策』ではなかろうか、、、
ただ、それだけでは、「昨今の分析流行に、 対抗出来ない」ので、『複数の選択肢がある仕掛けを含み、パスを前後左右に素早く動かせる』ことを、 考える必要があるのではないか
しかしながら、その『仕掛け』が、 「複数のタイミングがあるような複雑な仕掛けでは余計に難しくなって出来なくなる」ので、『簡単で、力強いムーブ』を考え出す必要があるのではないか

もう一つ「フランス戦の反省点」は、『前半3分、後半62分の敵ペナルティの際に、消極的なショットを選択した』ということではなかろうか。
当然、『ティア1のチームに対しても、確信をもってトライを取りに行ける方策を迷うことなく選択できるような準備』が必要なのではなかろうか。期待したいものである。


スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR