2018. 02. 22  
期待どおりに、やってくれましたネ。スピードスケート・女子パシュート競技で金メダル、本当に素晴らしい
これも、日本人の『和の精神』が、遺憾なく発揮された賜物と推察されるのではないだろうか。

この選手達4年間かけて育て上げ、支えたのが、前回ソチ・オリンピックの惨敗後に結成されたナショナルチームのスタッフ達で、その中心人物が、ななんと敵国オランダから家族帯同で来日し、年間300日を超える合宿など、どっぷりはまり込んで、あらゆる強化策に、 アイディアを出し、選手達や他のスタッフとの信頼感、いやそれ以上の精神的な『』にまで築き上げ、チーム全体を纏めていたのが、「ヨハン・デ・ヴィッドコーチ」なのには、驚かされたのではなかろうか。

こうして生まれたのが、外国人の彼が日本人選手をよく洞察して「日本人の特性」をつかみとり、考え出した『日本独自の戦術』、すなわち「一糸乱れぬ隊列(空気抵抗を低減させるため選手間を50㎝まで近づけた)」、「最速の先頭交代(交代時の体力消耗を減らすため減速より敢えてコースを膨らませた)」、「先頭で走る選手配分最適化(選手全員に100%を出させた)」だったのであり、これを実現させるために、基礎体力、基礎スキルの強化を4年間きっちり積み上げ、最後の配分最適化を仕上げたのが、なんと、 ギリギリ昨年11月~12月・ワールドカップ時の世界新3連発なのであったという。

しかし、「やはり頑張ったのは選手達」、このチームスタッフの健闘に応えようと、本当に、『覚悟を決め、気合を入れて』、この鍛錬に耐え抜き真の成果をあげ得たのではなかろうか。

イヤー、スゴイ、おめでとう! これぞニッポン、素晴らしい!!


スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR