FC2ブログ
2018. 05. 27  
現場も、変わりつつあるようで、、、Kさんから、下記のコメントあった

<Kさん : 今は小学校低学年の練習を手伝ってますが、確かに体重だけで言っても20キロから40キロまでの子がいます。つまり二倍の差がありますから、タックルいけといっても、弾かれ損みたいな所はあります。横から抱きつけと、指導される方もおられます。
先日、 タグの練習もしましたが、体格差、年齢差があってもできますし、安全です。ですが、足首と膝を曲げて低く構えるのは、できない子のほうが多いですから、筋トレではなく、姿勢を覚えるのと、柔軟性を確保しておくのは、必要と思います。
ルールが変更されて、八歳までの試合は、タグで行う事になりました。今年は、移行期間となってますが、安全面からいえば、よいことではないかと感じてます。
試合などを通じての実感としては、反射的に片手になるのは、運動神経の
よい子か高学年くらいのもので、低学年はボールを持ったまま隠さずボールで当たるような感じですね。両手で保持して走ることと、ボールを隠すことをボチボチと教えてます


プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR