FC2ブログ
2018. 08. 22  
菅平でも、相変わらず『マーカー』のオンパレード、私がアドバイスしたチームのラグビーコーチは、さすが「プレーヤーの視線が下になる」、「自分の動きについて、 考えなくなる」などの弱点を意識して、使わないようにしてくれているが、コンディシショニング・コーチの皆さん方は、まだ無意識に使われておられるようである。

さらに、私が「変だな」と思うのが、「ハンドダミーの使用」である。「まず、今のラグビー現場一番の問題点は、時間が足りない」ということではないだろうか。にもかかわらず、「練習中に大量のハンドダミーを使う為に、購入、運搬、管理大変な手間がかかる上に、実際のゲームの時と全く違う身体の使い方をしなければならない為、悪い癖がつく」という害悪をまき散らしているのではなかろうか。

たとえば、ハンドダミーを使って、 タックルの練習をするとすれば、「台になるプレーヤーは、なんとなくダミーを持って立つので、タックルに行く方は高い姿勢になり、ダミー手で捕まえにいく恰好になることが多い」、また「ダミーを捕まえに行くため、実際の人間同士にタックルする際のバインド方法と違ってくる」、「双方ともダミーを挟んでいるため、実際の衝撃を感じることが出来ない」など、なぜ実際には有り得ない動きを練習してまで、「わざわざ、『高い姿勢、弱いバインド、ぬるい当たり』などの悪い癖を、 つけるのか」、理解に苦しむのである。

よく聴かれる言い訳は、「まずは、形を教えるため」、「全部ガチでは、キツイから」などであるが、「形を教えるなら、それこそダミーなしの方が姿勢、身体手足の使い方などを詳しく教えることが出来るはず」、また「練習の強度は、『50%強さ、速さで、、、』など、いくらでも変えられる」のではないか。

安易にダミーを使うことの弊害を、是非考えて欲しいものである。
ハンドダミー撤廃」、これでの「練習の効率化」は、多大であると思われる。


プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR