FC2ブログ
2018. 10. 22  
さて、映像がないので、1968年6月3日、敵地でオールブラックスJrを撃破した時の様子を、唯一残しているのは当時の日本代表監督大西鉄之祐著『わがラグビー挑戦の半世紀』(ベースボールマガジン社刊)、253ページ記載されている・『得点経過』なので、その記事抜粋で(『ラグビー荒ぶる魂』にも掲載あり)、紹介してみよう。
(「本文経過」の双方チーム得点となった部分を抜粋。本文では、チームごとの時間経過となっているが、この抜粋では、双方の時間経過どおりに、修正した。当時、トライは3点、ゴール2点、PGは3点ヤード制ABは、オールブラックスJrの略

(経過)前半
2分、AB、日本30ヤード陣中央にてPG成功、(日本0-3AB
7分、AB陣25ヤード中央スクラムを日本押した為、ABバックス、オフサイド桂口PGをきめて、(3-3
10分、AB陣より右オープン攻撃、日本バックス防御うまく、横井完璧なタックル、相手のこぼれ球を坂田なかに切れ込んで拾い右隅にトライ、(6-3
13分、キックオフのボールをABモールで出し第一FEショートパント、CTB日本バックスのの背後で拾い、WTBにパス、右中間に見事なトライ(6-8
17分、AB陣25ヤード右ラインアウトから、 日本左オープン攻撃、尾崎ゴロパント、相手FBハンブルするところを 坂田すかさず拾って、左中間にトライ(11-8
25分、日本ABゴール前で終始攻撃、右隅スクラムよりオープン攻撃、尾崎横井の連繋プレーで横井たてに突いて、そのまま左中間にトライ、(14-8
27分、日本陣25ヤード中央でドリブル・オフサイド、AB、PGに成功、(14-11
35分、AB陣右10ヤードのラインアウト、ABナットストレート後の日本ボール・スクラムから左オープン攻撃、桂口、尾崎と“くるり”で横井抜けて、坂田にパス、独走、左隅にトライ、(17-11

これで、前半終了、長くなるので、続きは次回に、、、
また、 ちょーど本22日、2019年ワールドカップに向けた、新聞記者の取材申し込みがあるので、この辺の話も、しておきましょう、、、(


スポンサーサイト
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR