2013. 04. 18  
アタック編へ行こうと思いましたが、Mさんより下記の質問があったので、
少し補足しておきましょう。

<Mさんの質問①:横井さん、回答いただきありがとうございます。
ディフェンスシステムの使い分けについては、私も色んな試合を見てきて、
その必要性を痛感しています。
しかし、横井さんのおっしゃる、「地域によって使い分ける」というのは、どう
いう意味なのでしょうか? 私が思いつくのは敵陣深い位置であれば徹底した「シャローディフェンス」を仕掛けたいところですが、指導者によっては、敵陣であまり前に出ないディフェンスを推奨する人もいるようです、横井さんは、
どう思われますか?

横井回答:私が推奨するのは、二通り以上のディフェンスシステムを持て
ということ。「ひとつは、自軍が敵を追い込む意図をもったDFを持つこと」
もう一つは、たとえば敵がキックパス、ハイパント、飛ばしパスなどをしてくることが予想される時、あるいは第2フェイズ以降でDF人数が足らなくなった時にやるスライドDF」など、敵がやってくることを予測しての対応が、できるようにしておくこと。
そして、それらを状況により使い分けること。また、使い分けるというのも、
たとえば、「敵のパス攻撃が非常にうまい場合」は、敢えてこちらが意図的に「駆け引き」をし「陣でもフロントフォーで、キックに対して弱い体制をとったように見せ、敵がキックしてくるように誘導し、キックしてくれば素早くかえって、カウンターアタックができるようにしておく」など、自軍が意図してDFが出来るようになれば、より結構ということ。

<Mさんの質問②:私の大学の「ディフェンスシステム」についても、確かに厳しく前に出ることが、徹底されていないのも、問題だと感じています。結局のところ、フロントスリーが前に出ないといけないのに、内側のFWが前に出るのを待ってから、前に出始める選手が、多いですね。課題は、まだまだ
山積みです

横井回答:これについても、私のブログで何度も書いているように、「内側のFWが前に出るのを待ってから前に出始める」こと、すなわち「出ない練習」をしているから、そうなるのでしょう。練習していることしか、出来ないのは、当たり前。前へ出るDFがしたいのなら「まず前へ出れない『不安』をなくすこと」そして「フロントフォー以上で、FWが前に出るのを待たないで前へ出るFWはそのギャップ埋める練習」をするべきである、すなわち、コーチの役割は、プレーヤーの能力伸ばす練習を考え出して、提供することではないでしょうか。(課題山積みと、嘆いている場合か!!)

なお、私がなぜディフェンスの話から入り始めているかを、よく考えてください。どんなゲームでも、まず敵を「何点以下に抑える」という「意図」を持ってやり、だから「何点取って勝つ」という「算段」がなければ、「勝算」は成り立たないでしょう。

君の大学チームが「ディフェンスは意図がなくて、敵がやってくることを見てからスライドDFをやり、アタックは、自軍が出来るかどうかの判断もなしに、とにかく自陣からつなぎまくることをやりたいからやる・攻撃は最大の防御」なんて考え方は、「成り行きラグビー」と言って「勝つことが大変難しいゲームのやり方」ではないでしょうかね?あるいは「勝てなくてもよい、みんながやっているラグビーがしたい」なんてことなのでしょうかね?
(今後の大学チームでの君の役割は、何でしょうかね!!)


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
中学生から要望?
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
中学生ラガーマン
僕は、中学ラグビーのキャプテンをしています。
うまく、後輩を引っ張ることができません。
その後輩は、僕よりも6年ラグビー経験が長く、何か言っても、否定されてしまいます。なんとか、うまく後輩を引っ張るキャプテンになれないものでしょうか?
僕自身、ラグビーは全然うまくなく、キャプテンになったのも消去法でした。だから、どうにかしてその後輩を引っ張り、強いチームにしたいのです。どうしたらいいでしょうか?
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR