2013. 05. 30  
まず、どんな「ミス」があるかを、あげてみよう。但し、普通のキャッチミスや、スローフォワードなどは、みんなわかると思うので、割と気づかれていないで見過ごされているミス、また最近はやっても、あまり怒られないミス(私に
とっては重大に思えるもの)について、挙げておこう。

パスミス:キャッチする者が思ってもいないタイミングのパス、キャッチャーが前へ出れない、また変化して取れないパス、数的余っているのにパス出来なかったミス、あるいは余っているのにディフェンサーをしっかり殺していないで流れたコースのままに放るパス

キャッチミス:キャッチのため手を伸ばし衝撃和らげようとしなかった受け方、前傾姿勢で敵のタックルからボールを守る姿勢をとらなかった受け方自分の対面に気を取られボールを見ていないで起こしたミス、ディフェンサーから逃げるため自分で受けにくくしたミス、パスミスを確定してしまうキャッチミス(たとえば、自分がキャッチしにくいなと思ったら、スルーして次の味方に受けさせサポートすればよい)

スキル未熟のミス:自陣22mインからノータッチになってしまったキック、逆に自陣22mアウトからダイレクトタッチになってしまったキック、敵に直接キャッチさせてしまったキックミス(ボールが転がればそのまま追えるが、上にあがったキックは競れない限り、即タックルが難しい)、
ペナルティを貰いラインアウトモール狙いで蹴ったタッチキックが敵ゴール前5mに出なかったミス(5m10mに出るかでトライの可能性が決まる)

セットプレー時のミス:スクラムのバインドミス、ボールインでのタイミングミス、ラインアウトのサインミス、ラインアウトのスローインミス、ラインアウトのキャッチミス

コンタクト時のミス高い姿勢で当たったために、 ボールを奪われたミス
(先日ジャパンの藤田選手がこのミスを犯しトンガにトライされた)、タッチ際でパスを受けタッチ出されるミス、パスのあとサポートしないミス

タックルミス高い姿勢のままでいくタックル、ダブルタックル狙いなのに最初のタックラーが高いミス、肩でタックルポイントをとらえていないミス、
前へ出ないで待ってするタックル

コミュニケーションミス:敵のボール出しのタイミングを大声で伝えきれていないミス、第一次ディフェンスでの役割分担を間違えるミス、二次以降での
ピラーディフェンスでシャッフル出来ていないミス

状況判断選択ミス:を読んで的確に状況に対処できないミス、チームとして決められているポジショニングを守れなかったミス、チームとして決められている決めごと反することを、自己判断でコミュニケーションなしで、
すること(たとえば、自陣からはキック主体で前進する決めごととなっているのに、人数で人-人だからと、一人判断でパスをつなごうとすること)

など、まだまだあると思いますが、何かお気づきの点があれば、コメント方。

また、週末はアドバイスに出かけますので、ブログ更新は、日以降になります。それまで、「これらのミスをどうすればなくせるか?」「どんな練習をすべきか」などを考えておいて下さい。よろしく、、、



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
パソコン買換え
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR