2013. 06. 16  
昨日、ジャパンウェールズに勝った。1973年に、私達がウェールズ・カーディフで、ジャパンにとっては初めての「敵地でのフル代表とのテストマッチ」を行ってから40年、それ以後13回目の対戦にて、やっと勝利をあげたことになる。喜ばしいことで、これを機会に、早く「外人コンプレックス」を払拭して欲しいものである。

また「上位チームに勝ちに行く」ということになれば、私が常々推奨しているように、まず「ディフェンス力を鍛えて、敵をロースコアに抑えきり、アタックは効率よいキックなどで敵陣に進み、トライ取れるところからトライをとれる方法でとりに行く」という「本来の戦い方」でなければ勝ちきれないということが、お分かり頂けたと思う。

但し、今回のウェールズチームはブリティッシュ・ライオンズの遠征に参加した主力選手抜きの若手チームであることを勘案し、次回ワールドカップでの世界ランクベストレベルのフル代表との戦いがあるとすれば、まだまだセットプレー、ディフェンスを磨く必要があり、こんなところで勝ちに酔っていたのでは、足元をすくわれると思われる。また、CTBであった私からすれば、純日本人CTBの今後の精進に、大いに期待したいものである。


     
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
④:ミスをなくすには
NEW Topics
②:素晴らしい日本
素晴らしい日本
⑦:BKの基礎スキル
⑥:BKの基礎スキル
⑤:BKの基礎スキル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR