2013. 06. 24  
23日のジャパンは、パシフィックネーションズ最終戦・対アメリカ戦にも、38-20勝利
特に「チームとして勝ち切るには、何をすべきか」で意志統一できたことが、
大きな進歩と思われ、先日ウェールズという「格上に勝つ」経験をし、「勝つことの意味」を実感したことによるものとも、考えられるのではなかろうか?
またセットプレー、なかでもスクラムでの伸長が勝因か。逆に、ディフェンスが、やや甘くなったことが反省材料か。

しかし世界の真のベスト10チームに対しては、まだまだコンタクトフィットネスの向上、さらなるディフェンスの強化、アタック精度向上などが、求められるのではなかろうか?

なお、このジャパンの戦いぶりで、日本国内のチームが参考にすべきは、
FW:セットプレー、特にスクラムの伸長
BK:ラグビーをやさしくすること
①FWによく働いてもらえるよう、FWを前に走らせる工夫をすること
(ボールの所有がかえってくる・効率よいキックなどの使用も考えて、、、)
②BKで絶対ミスしないよう、ライン間隔を狭め、ボールを素早く動かす攻撃に徹すること
(アメリカ戦ゲーム前半の最初、後半最初のトライなどに注目)

ただし、「FWのシェイプ」は、自チームの能力によって取入れを考えないと、FWがキャッチの際に、プレッシャーがかかればミスをするようなチームには却ってミスの可能性が大であることを、考えておかねばならないのでは? 
あるいは、それを回避するために、違った方法を工夫する必要があるのではなかろうか?


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑥:ミスをなくすには
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR