2013. 08. 02  
次は「コミュニケーションミス」、昨今の若者は、日常を出すことが少なく、また腹の底から大声を出すことが少ないので、歌を歌うのに、 「ボイストレーニング」が必要なように、まず「大声を出す練習」をしなければならない。
また、「自分の意思」、「味方への指示」、「との駆け引きの声」などにつき、「状況に応じたコミュニケーション」を、的確に発信できるようになる必要がある。

そのためには「チームゲームマネージメントの徹底と各ポジションの役割分担サインムーブ名」など、「チームとしての決め事」をしっかり設定し、なおかつ、それを伝えるべき「チームとしての言い方(大声で言っても、敵に悟られないような暗号)」まで、詳細に設定する必要がある。

なお、これらの作業を、まずFWリーダー、BKリーダーそれぞれで発案させ、その後に両者合同で「チーム統一案」にまとめさせ、全員に説明させるなど、これらプロセスの中で「チームゲームマネージメント浸透させていけば如何?

そして実際の練習を、すべて、チーム全体ゲームシチュエーションでの練習にして、その各々の場面で、たとえば、「敵のボール出しのタイミングを大声で伝えきれてないミス」、「第一次ディフェンスでの役割分担を間違えるミス」、「二次以降のピラーディフェンスでシャッフル出来ていないミス」などが起こらないよう、すべての場面で、チームとしては、「どのようなコミュニケーションの仕方をすべきか」を、意志統一すべきではなかろうか。
この作業を抜きにして、「個々に指摘叱責」しても、チームとしての統一性を欠き、混乱を招くばかりではなかろうか?

こういうことから考えると、自ずと「ゲームマネージメント簡潔明解に」、但しそれに関する「チーム決め事は、実際に出来ることを各プレーヤーの役割落とし込んだ詳細なものに」する必要があるのではなかろうか?


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑪:ミスをなくすには
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR