2013. 08. 20  
菅平高原から戻った。今回は、短い時間だったが、中学生にもアドバイスした。しかし、その「宇宙人化」はより激しく、どう対応すればよいのか、本当に考えさせられた。
現場コーチ大変さをわかってもらうために、実際に現場で起こっている実例をあげて、一緒に考えてもらおう、、、

合宿初日、監督以下スタッフが居る部屋に、3人の生徒が悪びれる様子もなくやってきた。3人を代表して一人が言った、「先生、スリッパを忘れました、どうすればよいでしょうか」、さらに一人が、「私の足はきれいだから、裸足で歩いては、いけないですか」と言った。
 
さて、あなたなら、どう対応されますか?
(この場面を目にして、後で私が先生に、「スリッパを持ってくることは、どのように伝えてあったのか」と確認したところ、「生徒にはもちろん、父兄に対しても文書で通達していた」ということだった)  


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:宇宙人への対応
NEW Topics
①:変なラグビー
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR