2013. 10. 09  
南半球のザ・ラグビーチャンピオンシップは、NZのオールブラックスの全勝で幕を閉じた。
これらのゲームを見て感じるのは、やはりフィジカル強さコンタクト激しさではなかろうか。あの不死身を誇るオールブラックスのキャップテン、リッチー・マコウでも、何年ぶりかの負傷で休むほどのもの凄さである。

また、2012年から参戦した世界ランク・トップ10アルゼンチンでさえ、6戦全敗、良いところまでは行くが、後半20分を過ぎると「激しい当たり合いで、コンタクトフィットネス消耗し尽し」、それが「ランフィットネスにも響き」、さらに頭の働きも鈍り・真っ白になる、これを私は「知的フィットネスも
なくなる」といっているのだが、そのような状態で負けていくのである。 
すなわちラグビーは、「80分間当たり続け走り続け、その中で瞬時に状況を判断して動き続ける」ということが出来てはじめて、「ラグビーをしている」ということになるのであり、これが出来るかどうかの差は、そうたやすく埋まることはないだろう。

また今年はオーストラリアのワラビーズ世代交代の時期で、経験の浅い代表選手が多く、この一段上テストマッチ激戦に揉まれていないと、とてもじゃないが、自分の思っているようなプレーが出来なくて、NZ・オールブラックス、南アフリカ・スプリングボックスには、これまた全敗。この辺も、よく理解をしておかないと、判断を誤ることになる。

11月には、オールブラックスが来日して、ジャパンと対戦してくれるが、先日遠征してきた若くて経験が浅く、フィットネスに少々難があったウェールズに勝てたからと期待していても、オールブラックスのメンバー構成によっては、大変なことにもなるだろう。

しかし、こうして世界のトップチームにもまれて、自チームの足らざるところを実感し、反省して鍛えあげることが絶対必要であり、その経験なくしては、絶対に強くならない。ラグビーには、ラッキーで勝てるということはないのであり、「勝ちには勝ちの、負けには負けの歴然たる理由が存在し、それの克服なくしては、絶対に勝利できない」ことを、肝に銘じておくべきであろう。

前置きが長くなってしまったが、次回からは、「真似をして良いプレー悪いプレー」について、具体的に書いていこう。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:ビデオを見て
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR