2014. 01. 08  
日の決勝は、期待通りに、ディフェンスを磨きに磨き、攻守とも前に出るラグビーを貫いた東海大仰星が、非効率な多フェイズでのオールアタックの桐蔭に勝利した。

「いつもブログを見て、参考にさせてもらっています」と言ってくれる湯浅監督の勝利のインタビュー、頬にうっすらと流れるを見て、彼の生徒達を思いやる優しい気持ちを感じ、さらに感動したものである。本当におめでとう

全国へのアドバイス行脚にて、私が指導した各チームの指導者にとっては、またこのブログに書いている内容の深くまで考え熱心に読んでもらっている読者にとっても、今回の東海大仰星の戦いぶりが、私がずっと推奨してきた「日本オリジナルラグビー」の実践を見ているが如くで、自チームについてもアドバイスを徹底実行させれば、こういうふうに実現出来るのかと、納得されたものと思っています。すなわち、、、
まずは、ゲームの入りで「心の主導権」を確立するゲームマネージメントで、「イケるぞ」という「」をつくる
出足よく前へ出て、低く肩でタックルするディフェンスを確立する
(このダッシュ力、姿勢、そして強いコンタクトがアタックにも使える)
このディフェンスで敵のトライを2~3以下に抑える、それ以上のトライ
確実にトライが取れるところから、取れる戦術でとって、勝利する
(意図してロースコアのゲームを目指し、勝てる算段をして、勝ち切る
目標の敵を想定具体的に、どうトライをとり、勝ち切るか(詳細は
、ディフェンスでトライ1~2
、FWでトライをとれる地域から、トライをとれる方法で1~2とる
、BKでトライをとれる地域から、トライをとれる方法で1~2とる
、上記でも、最終リードされている時、あるいはリードしている時に、如何に勝ち切るかの方策練習しておく
など、「勝ちに徹した、拘りの戦術で、粘り抜く」ことである。

たとえば、仰星3つのトライを見てみると、
最初のトライは、ディフェンスでプレッシャーをかけ、とったトライ
二つ目は、敵陣深く入ったど真ん中でペナルティを貰っても、ショットを狙わずに速攻で、テンポよくトライを取った
三つ目は、前に進むキックにチェーサーをかけて潰し、そのプレッシャーで敵のパスミス誘発させ、それを拾ったキャリアに縦のサポートをし、究極倒れながらツナギで、トライしたもの

全国のラグビーチームの指導者の皆さん、このゲームのビデオを参考にして頂き、来るべき2019年のジャパンになれる選手を、是非育てて頂きたいと、切望するものであります。

というわけで、合理的大阪生まれである私が、効率の良いラグビーをした大阪の仰星のラグビーに喜んでいたら、これも是々非々のはっきりした大阪モノ言うオッサンたかじん訃報をきいた。彼の番組を大いに楽しみにしていた私にとっては、非常に残念なことであった、合掌


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
今日のトップリーグ
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR