2014. 02. 03  
先日に続き、日本人女子の、こんな話もあった。「知ってびっくり、聞いて感心!」皆さん、ご存知かな?

いま、日本では2010年から「女子プロ野球」が発足し、球団が年間50試合をやっているという。
また、それ以前から年ごとに「女子野球ワールドカップ」が開かれていて、なんと日本2008年、2010年、2012年と3連覇しているという。
すなわち世界一だというのである。そして、今年秋に日本の宮崎県で、このワールドカップが開催されるとか。

また、スポーツ以外でも、びっくりするが、、、、
東大阪市に、シングルマザーなど、「大阪オカン」ばっかりでやっている
金属加工町工場」があるという。それは、「細穴放電加工」といって、
なんと直径1ミリの金属に0.2ミリの穴を5つもあけるといったもの。
(実際に0.5ミリのシャープペンシルの芯に、0.2ミリの横穴をあける実演が、放映されていて、びっくりさせられた)
彼女達は「女性だから出来ませんと言ったらそれまで、それだけは言わないと決めて、顧客の要望満足させるようにと、時には教えも乞うて、細かく根気よく必死にやってみたら、自分が思っていたより能力があがり、出来るようになった」というのである。

日本人は、本当に素晴らしい。とにかく、「利発に緻密に正確に根気よく勤勉にやる」ということにかけては、世界一の民族であろう。

日本のラグビーでも、このような日本人の特徴を、いかんなく発揮してほしいものであるが、久しぶりに行われた週末の「トップリーグプレーオフ」、また、ヨーロッパで始まった「シックスネーションズ」のゲームを見ていると、大きな外人緻密なプレーをやり出してきており、日本人はもっと危機感をもって精進しないと、置いてきぼりになると思ったものである。
後日、そのあたりのもやっていこう。  



関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
トップリーグ・プレーオフなど
NEW Topics
現ジャパンのテストマッチ
ブログ拍手
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR