2014. 02. 27  
日本選手権のゲームを、天皇陛下ご夫妻がご覧になった。秩父宮ラグビー場で行われたヤマハ神戸製鋼戦である。双方が、自チームの持てる力を出し切って、良いゲームをした。

ターニングポイントは後半ヤマハ点差のリードで、神戸ゴール前で連続攻撃、そして効率的な前パスキックパスをゴール線上に放ったが、ウィング痛恨のノッコン、その後もヤマハ攻めるも、ターンオーバーされ、今度は神戸が、一挙にヤマハのゴール前まで攻め込みトライ。また、このトライのグランディングが素晴らしかった、すなわちインゴールに入った時は端っこ
だったが、一度スライディングして、ヤマハのタックルをやり過ごし、その後
立ち上がり中央側回り込んでトライしたのであった。そのおかげで、神戸はコンバージョンも入れて点差に肉薄、ご承知のように、こうなれば追う方メンタル面で俄然優位に立つ
(これが私の言う敵ゴール前まで攻め込みながら、ターンオーバーされトライされる「差引14点差」で、競ったゲームでは、これ一つで勝負が決まる?)

その後双方得点、神戸点差のリードを許しながらも、終盤の時間帯に、神戸がヤマハゴール前ど真ん中でペナルティを得て、迷うことなく、きっちりモールでトライ。コンバージョンも入れて逆転。そして最後の分間、ヤマハのキックオフボールの所有を続けて、ホーンの音を確認してから、ボールを蹴りだし勝利
(これについても、今回は点差だから当然トライを狙いに行きコンバージョンも入れて点を取り、逆転するのは当たり前であるが、そうでない場合でも、状況をよく考えて、ショット点取って自陣に戻り、敵キックオフで自陣深く攻め込まれるのと、モールなど、確率の高いトライの戦術を猛練習しておきトライ点とって帰るか、また状況によっては、トライをとれなくても、敵陣深く攻め続けられる方を選択するかの判断が出来るように、練習しておくということが、肝要ではないか?)

結局は神戸の方が「勝ち切るためにどうすべきか?」の考え方、そしてそれに対する練習、実行についてのプレーヤー全員への徹底がなされていたとみるべきではなかったか?よく参考にしてもらいたいゲームであった。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
日本選手の品格
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR