2014. 03. 03  
日、日本選手権準決勝花園駒沢でのゲームが、NHK同時
放送されていた。(こういうことが行われるようになったのが、何時からか知らなかったが、便利が良くなりすぎて、これじゃ競技場に足を運ばなくなるのでは?の感じが無きにしも非ずでは、、、ただ私は用事があって、チャンネルを切り替えて、両方見るという恩恵にはあずかれなく、相変わらず録画したものを見たのであるが、但し同時録画という便宜を享受して、、、私のビデオデッキは局同時録画できる、しかし最近は録画したものが多すぎて、全部チェックできないハメになっている、、、

また、私が「一年同じ対戦を何回もやって、興味を殺ぐのでは、、、」と言っていたことも、まあ、「怪我やら何かの都合で、メンバー変わる」とか、「シーズン初めと終わりで、仕上がり具合が変わる」とか、「リーグ戦とトーナメント戦の違いで、戦略・戦術が若干変化する」などの視点で見れば(但し、こういう細かいことが認識できなければ、一緒だが、、、)「こういうこともありか?」とも、思い直してきた。(やはり、時代の流れには勝てないか、、、

ということで見れば、今回準決勝パナソニック神戸製鋼の戦いは、パナソニックの「ディフェンスを整備して、相手の得点を低く抑え、あわよくばディフェンスでも点をとる、またアタック敵陣に効率よく入り、点を取れるところから得点する」という、オーソドックスな考え方、またシーズン深まって、その戦略・戦術の精度が良くなり、準々決勝では、ヤマハ相手に試合巧者ぶりを発揮したアタッキング神戸であっても、なすすべなく、 大敗したとみるべきか?

もうひとつの、東芝サントリー戦は、天候が少々で、オールアタックの
サントリーも、前半少々キックを使用、但しこれが使い慣れている東芝優位に働き、前半の東芝FWフィットネス温存につながった。そして、後半最初サントリーのトライで、東芝6-24サントリーの18点差のビハインドにまでなったが、そこから東芝風上も利したエリア取りで、敵ゴール前に行くと、FW優位モールスクラム連続トライ、25-24と逆転し、残り10数分を守りきり、最後はリーグ戦とまったくの「サントリーが、最後のPGを外して」決着がついた。

こう見れば、「なぜ、まずディフェンスか?」「なぜ、自チームのゲーム全体でのフィットネス配分を考えねばならないか?」「なぜ、敵陣22メートルに入ったペナルティは、ショットより、確実にトライを取れる方策を準備すべきなのか?」「セーフティリード29点差?」といった視点を、これらのゲームのそれぞれのポイントに当てはめて考えて貰えば、私の推奨策も、少々理解頂けるのではないだろうか、、、

さて最後の決勝は、「双方のディフェンス出来具合」、「FWのセットプレーモールの攻防の優劣」で決まるとみるが、如何なものでしょう?(


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ジュニア・ジャパン惨敗
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR