2014. 03. 17  
年ほど前、千葉に女子の「タッチラグビー」を指導しに行った。その父兄
から、コメントが入っていました。ご参考までに、、、

<Kさん:横井さん。ご無沙汰しております。国府台女子学院OGの父兄のKです。 国女タッチ部が横井さんのご指導を受けてから、早いもので3年近くになります。 その後も、 横井さんの教えの『あ、し、か、こ』は 部の基本となり、ブログにも度々登場しております。 あらためて、感謝申し上げます。
(注:『・歩かない、・姿勢は低くく、・片手にならない、・声を出せ』)
http://blogs.yahoo.co.jp/kokujyo2006/archive/2014/03/11

4年に一度のW杯を、来年に控えて、 「タッチラグビーの日本代表」も、現在豪州遠征を、敢行中です。女子は今回A、B2チーム派遣で、26名中、国府台女子学院の現役、OGが、12名参加しております。 最終的には、Aチーム14名に絞られるのですが...
海外遠征によって、日々成長を実感する彼女達を、国女ブログで知り、横井さんに報告いたしたく、メッセ-ジした次第です。
http://blogs.yahoo.co.jp/kokujyo2006/archive/2014/03/13
http://blogs.yahoo.co.jp/kokujyo2006/54601554.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kokujyo2006/54602420.html

15人制、7人制にかかわらず、楕円球の女の子達は、頑張っております。
季節の変わり目の、ご指導行脚、ご自愛下さい

<追伸:今日も『あ、し、か、こ』登場ですo(^-^)o
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/content?bid=kokujyo2006&id=54604388

タッチラグビーも、 世界を相手に、頑張っています。是非、これらのブログ記事にも、注目してやって下さい。

私は、小さい子供さん女の子は、このタックルなしのタッチラグビーから
入った方が、広い視野と、スピーディで、スキルフルな動きを身につけることが出来、そしてランフィットネスもうまく鍛えられ、なおかつ「怖い、汚い」がない分、とにかく思い切って、自分の100%以上のモノを出してプレーすることにより、すべての能力進歩し、後の15人制ラグビーにも、大いに役に立つと思うからです。

タッチラグビーこそ、ラグビーに興味を持ってもらい、老若男女を問わずに、自ら参加できるものとして、是非、お勧めします

   
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
アドバイス行脚
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR