2014. 05. 08  
連休中、以前からアドバイスしていたチームに附き、数校の高校チームが集まって練習ゲームをする現場に行ってきた。

そのチームは、もともと練習するグランドが狭く、また他の部と共用という環境面ハンディキャップがあるため、自分達のグランドでは工夫を重ね、いろいろな練習をテンポよく行えるようになって、大いに褒めていたのであるが、久しぶりにゲーム前練習風景を見てると、チョットまた変な練習をしていた。

すなわち、FWBK一緒に混ざって、3人づつのラインをつくり、その走る方向に3っつのハンドダミーを置き、その間をすり抜けてストレート・ランをする練習である。

この練習、「日本オリジナルなラグビーを目指す」ということからすれば、いろいろな不具合点を含んでいるように思えるのであるが、指導者の皆さん、
おわかりだろうか?考えておいて下さい。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:日本オリジナルとは
NEW Topics
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR