2014. 06. 02  
また、Iさんから、素晴らしい報告がありました。ご参考までに、、、

<Iさん:こんにちは、A高校のIです。東京都タッチラグビーフェスティバルに2チーム参加して参りました。結果は、Aチームは1分け3敗、Bチームは2勝2敗。練習してきた平パスのみでスライドしながら、ウィングでトライをとる形で3トライを取ることができました。しかし、相手のクイック攻撃への対応が遅れ、次々とディフェンスラインを突破されてしまいました。今回、試合後にクイックへのディフェンス方法を聞き、また練習を考え実施していきたいです。
各選手へどのような落とし込みをするか、横井さんのブログを読み考えています。 練習時間の限られたなか、チームでの練習、ユニットでの練習、個人の練習をどのように実施するか考えて行きます。
まず、意識の高い選手から手帳を使った個人目標シートを作り個別に話してみようと思います

横井感想:イヤー、結構ですねー。このように「自チームの状況に応じて、いま出来ること考えて実行し、その結果、プレーヤーに小さな成功体験
積ませて、ラグビーを楽しくやりながら、勝つ喜びを味わえるようにする」
これが、今の指導者の皆さんに、是非やって頂きたいことなのです。
特に人数が少なくて、素人さんが多いチームは、まず「タッチラグビー」で
スピーディに動けるようにする」「フィットネスを鍛える」ことが出来るので
将来15人制に移行しても無駄にはならないから、お勧めしているのです。

ディフェンスについては、アタック編の後でまた書いていこうと思いますが、
タックル有りの15人制ラグビー」と「タックルなしのタッチラグビー」では、チョット違うので、タッチラグビーでは「前向きのまま後ろに戻り、ディフェンスのポジションを早くとる」練習が必要だと思いますよ。そちらの方は、タッチ
ラグビー関係者に聞くなりして、勉強して下さい。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑬:日本オリジナルとは
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR