2014. 06. 07  
昨日、アドバイスした高校チームから、春大会のビデオが届いた。敵は県内の強豪チームで、前半リードされたとみるや、「力頼みの多フェイズ格闘技ラグビー」で徹底して来て、ついには、20点ほどのリードもあえなく、同点・引き分けとなったもの。
対戦チームに勝つためには、自チームが勝る強味で徹底するのは、常套手段であり、けなすつもりは毛頭ないが「ラグビーはボールゲーム、もう少しスキルフルなゲームを見たいものだな」と思ったのと、今度は自分より力強いチームに当たった時に、どうするのだろうと思ったのも確か

また世界のラグビー界でプロ化が進み、「格闘技ラグビー」が主流となっている中で、身体および身体能力で差を縮めるのが難しい日本のチームが、全く同じ格闘技スタイルのラグビーを目指すのは如何なものか、「世界とは考え方の違う、日本人の特長を生かし技を駆使した日本オリジナル
ラグビー」を世界に示すことこそが、日本ラグビーの使命でなかろうか。

エディ・ジャパンが、「ジャパンウェイを標榜し、純日本人メンバーでスタート」したのだが、結局しばらくして、ディフェンスの要、アタックの突破役となる、 
FW第3列CTBに、純日本人以外をもってこざるを得なくなってしまって、やはり外国チームとさほど変わったやり方が出来ているとみるのは、難しくなっているのではなかろうか。これはエディが悪いというより、そこに代表として入り込めない日本人プレーヤーを責めねばならないし、更に日本人特有プレー表現出来ていないところも悪いと思うが、早くこれらのポジションを純日本人で占めていかないと「純然たる日本オリジナルラグビーの構築」は難しいように感じる。

ラグビーは、「人間の全知全能・頭脳と身体」を使うものであり、ということは、その民族モノの考え方身体の使い方などというのは、何千年歴史があり、その子孫には、そのDNAが脈々と受け継がれており、それに則ったやり方が、受け入れられやすいということも事実であって、その身体についても、何千年の積み重ねで、「独特の進化」を、遂げているのであって、たかだか100年ほどの西洋化では、変わり得ない面の方が、大きいのではないかと考えるのが、普通ではなかろうか。

たぶんに「こじ付け」と思われるような感じで、一概には納得し難いところもあると思うし、何が何でも「日本式」をやれと言っているわけじゃない。現に、 あらゆる環境面で、西洋化が進み、人に伝える言語さえ、外国語を使った方がわかりやすいようなことも、起こっている。
また、入ってくる情報が膨大で、どれを取捨選択すれば良いかを判断するのが、大変になってきたということも、よくわかる話である。

しかし、日本のラグビーの現場で、何かを伝えようとする場合は、その現場で、その人達に、どのような伝え方をすれば、必要な「知識知恵動作駆け引き」などが伝わりやすいかということを、よく考えることが重要ではないかということではなかろうか。
そして、もう一つ考えるべきは、その技術を伝える時に、それは「何のために」、「何を意図して」、「何処が一番の肝で」、「その本質は何かを理解させること」が最重要ではないかという観点を、逐一持ちたいものだということではなかろうか? 

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ジャパン、カナダに逆転勝利
NEW Topics
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
「昨今のラグビー論議?」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR