2014. 08. 18  
昨17日の深夜に、長野県の菅平から京都府長岡京市の我が家に、無事帰還しました。毎年は一ヶ月ほどあった滞在も、今年は約10日間年相応ということなのか。(

ただアドバイスしたチームは、昨年、一昨年の全国高校大会優勝校連破するなど、相変わらず成果をあげた

しかし、「若者たちの宇宙人化」は、 ますます進んでいて、本当に「指導者の皆さんのご苦労さんぶりには、同情するばかり」であった。

また、このような状況下でも 「日本オリジナルラグビー創造」に向けて
さらなる努力が必要なことを痛感しつつ、夜間6時間の単独ドライブを楽しみ
ながら帰えると、娘も3年半の東北生活から帰還していて、荷物も一杯溢れかえり、久しぶりに賑やかな自宅となっていた。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
考えて、実行することが肝要
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR