2014. 08. 21  
菅平に行っている間に、「日本オリジナルラグビー」についての質問を入れて貰うよう期待していたが、残念ながら入っていなかった。

ついては、だいぶ古くなったが、5月16日のブログに書いた・Iさんの質問
コミュニケーションがとれていなくても、横井さんが3年ほど前、ラグビークリニックにかかれてる、 『速い平パスを、インかアウトで、ずらしながらキャッチをする』というものができれば、より攻撃の幅がひろがり、かつミスなく攻撃を連続することができると、考えています。しかし、試みるのですが、その動きがまだ、修得できずにいます。 よい練習方法があれば、教授くださいという質問について、書いてみよう。

横井回答:まず味方のパス空中にある間に、一人で敵の対面をずらせて捕球するには、5月23:日本オリジナルとは」で書いたように「走り方の練習」が必要である。すなわち、ゴールラインに直角(タッチラインに平行)に走り、味方がフラットパスをした瞬間に、インなら内側に、アウトなら外側に真横(ゴールラインに平行)に走り、ボールを捕球する際に直角に走って捕る。この「カギカタ走り」を、 マーカーなどを置かず、「グランドの縦、横」を感じながら走れ、捕球できるように練習することが最重要

ラグビーは千変万化のシチュエーションがあり、このように具体的に質問して貰えば、書くことが出来ると思います。
さらに、チームの状況をも書いて貰うと、たとえば上記は、高校初級レベルの回答ですが、大学レベルでは「二人以上の連携プレーとして、イン、アウトにずらすには?」などについても、書くことが可能となるでしょう。

そして、重要なことは「やってみること」、折角アドバイスしても、実行する前に「これはやれない」と自己判断して、諦めたりする人も多いので、留意方


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
トップリーグ開始
NEW Topics
⑦:アタックについて
⑥:アタックについて
⑤:アタックについて
④:アタックについて
③:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR