2014. 09. 15  
昨日、「ブログの管理」の画面で、よく見ると「ブログ拍手」という項目があり、そこをクリックしてみると、「拍手を頂くとともに、コメント頂いた方の文章」が出てきました。本来なら、「コメント御礼」をする欄があり、すぐ返信すべきところを、いままで知らなかったとはとは言え、返信せずにいたことをお詫び致します。
ついては、遅きに失してしまいましたが、「頂いたコメント」を下記のとおり、掲載させて頂き、今後は気を付けますので、どうかお許し下さい
なお、「当日のブログ記事」に戻って確認頂きますと、よりコメントの内容が、 鮮明になると思いますので、お手数ですが、やってみて下さい。よろしく、、、
(これら以前にも、あったかもしれませんが、もう記録が残っていないようなので、その際は、あわせてご容赦下さい)

<2013年1月1日「新年のごあいさつ」の際、
Sさん: 頑張って下さい

<2013年2月25日「 ④:ゲームを見ての... 」の際、
Bさん: 今晩は。突然、ごめんなさい。初めてのコメントです。「だが裏通しでは、デコイのプレーヤーが完全にディフェンサーにぶつかっていても、オブストラクションの笛なし、最近レフリーはとらなくなったように見え、後味悪し」は、その通りだと思います。~またか!フェア・プレーの精神なく、卑怯な手を使ってと・・・心の中で思っています。(大阪府)

<2013年11月24日「⑨:ゲームを見て」 の際、
Sさん: 全く其の通りですね!このままチーム内で孤立してしまう予感

<2014年5月29日「⑨:日本オリジナル... 」 の際、
Oさん:いつも楽しく拝読させていただいております。⑦について、まったく同感です。トータルの時間が同じでも、「素早いモーション+緩めのパス」と「ためたモーション+矢のようなパス」なら、前者の方がキャッチングしやすいし、これが平パスならスイング動作のためにレシーバーもタイミングもとり易い。「はやいパス」というのは必ずしも「速い球」ではなく、キャッチングしてから
レシーバに届くまでのトータル時間が「早い」ということなのに...。これからも、楽しみにしています

<2014年8月24日「トップリーグ開始」の際、
Mさん:「グラバーキック」の用語、覚えました。かねがね大学以上の試合で、基本の横パスや、タッチキックの陣地取りに終始したラグビーに、疑問を抱いていただけに、「前パス」には大いに感動をおぼえます。達人は「諸刃の剣」と言われましたが、私には小さな体の日本人に、最も適した戦法と感じています。達人達がやっていた「カンペイ技術や、スピード力、常に3人以上のフォローアップ」などに加味すれば、ラグビー界を席巻することは、充分可能なんではと思えてなりません。「日本人の発想力やダッシュ力、しなやかさ、連携力」を以ってすれば、達人達が成し遂げたと同様に、「変幻自在なオリジナルラグビー」が実現するんではと思っています。今日8/24は早大vs帝京ですので、どんな技や力・展開か楽しみです


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
伏見中学校が優勝
NEW Topics
㊷:ラグビージャパンの足跡
㊶:ラグビージャパンの足跡
㊵:ラグビージャパンの足跡
㊴:ラグビージャパンの足跡
タッチラグビー日本代表大活躍
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR