2014. 11. 08  
14年前のことに、懐かしさからか?  こんなコメントが、、、

<Hさん:大変面白く読ませていただきました。14年前、ちょうど中京大学のラグビー部にいて、伏見工業で全国優勝した選手や、京都成章に決勝で負けて花園に自分達の3年生の代では出られなかったメンバーがいました。彼らは、今どうしているのか連絡取り合ってないのでわかりませんが。愛知県では今年、春日丘と名古屋の私立、三好と旭野が公立で、ベスト4に残っています。息子と同じラグビースクールで、好敵手の子のお兄ちゃんが三好でプロップ、帝京大学への進学が決まりました。横井さんの言説通り、中学までは、陸上砲丸投げと空手、高校からラグビーを始め、持ち前の我慢強さと、
運動能力で、ここまでたどりつきました。身長が177センチと、代表クラスの
プロップサイズには足らないかもしれませんが、密かに2019代表にならないかと、期待しているところです>

横井感想:コメントありがとう。名古屋公立は、なかなか頑張っている高校が多いですね。名古屋は車で行けるので、最近はN高校や、S高校などにもアドバイスに行きましたよ。またの機会に、どこかで、会えるかも、、、(


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:ジャパン改善の余地
NEW Topics
㊹:ラグビージャパンの足跡
㊸:ラグビージャパンの足跡
㊷:ラグビージャパンの足跡
㊶:ラグビージャパンの足跡
㊵:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR