2015. 01. 05  
尾道が、「前へ出る・素晴らしいディフェンス」を魅せた。あれが「小よく大を倒す」やり方では、なかろうか。そして「世界に対するジャパンオリジナルな戦い方」としても、推奨するものである。

そして日本中のチームが 「前へ出るディフェンス」をやって切磋琢磨すれば自然と、そのディフェンスに対抗して、 「接近アタック進歩する」というのが、私が狙っているところである。
そうなれば 「攻守ともに『オリジナル日本のラグビー』が完成し、世界列強入りもではない」ということには、ならないだろうか ? 指導者の皆さん方の絶大なる「ご健闘」を、お願いしたいものである。

今日は、そういう可能性見せたということで、尾道の健闘ねぎらいたい
さて、決勝戦、今度は「たる御所実が、たる東福岡に、どんなラグビー」を魅せてくれるか ? 大いに期待したいもの。

このように、本当に「高校ラグビー面白い」ということでは、なかろうか?


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
高校ラグビー決勝
NEW Topics
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
日本式シャローディフェンス
信念が伝わる尾道高校のラグビーに感動しました。極限にまで前に出る、かつ組織されたディフェンスが日本の標準になる日を待っています。横井さんの活動、応援しています。これからも頑張ってください。
Re: 日本式シャローディフェンス
> 信念が伝わる尾道高校のラグビーに感動しました。極限にまで前に出る、かつ組織されたディフェンスが日本の標準になる日を待っています。横井さんの活動、応援しています。これからも頑張ってください。

横井です。今後も応援よろしく、、、
Re: Re: 高校ラグビー
横井です。頑張って下さい。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR