2015. 01. 25  
プレーオフ準決勝・2戦目は、今日行われた パナソニック東芝戦。リーグ戦では、ファーストステージ、東芝39-26パナソニック、セカンドステージ、東芝33-13パナソニックと、ともに東芝が勝っていたが、いつも、私が申しているように、「ラグビーは、心と身体が連動するスポーツ」、そこで「ゲームをどう創るかによって、『心』を創ることが出来る」、だから「最初の『ゲームの入り』、その良否が『心の主導権の確立』に、大いに影響する」のである。

そして、まさしくキックオフ後の1分40秒東芝ボールのラインアウトを、東芝うしろにそらすミス、それにツケコンダ堀江のセービングで、 パナソニックがボールを奪い取り、そこからの攻めで先制トライ
すなわち、今まで東芝得意のセットプレーで、まさかのミス、そこからのパナソニックの速攻でトライを献上したことから、ゲームが大きく動いて、なんと、 パナソニック50-15東芝という予想外の大差がついたゲームとなったのではなかろうか?

げに、恐ろしきは『勢い』であり、そのもととなる『』なのである。

ということで、決勝パナソニックヤマハとなったわけだが、これまたセカンドステージ最終節で、すでにプレーオフ進出を決めていたパナソニックが、ヤマハ26-18パナソニックで負けて、リーグ1位から滑り降りてしまった、因縁の対戦である。
だから、次の決勝パナソニックにとっては「リベンジ」ということで、「ゲームをキッチリ創って、『心』もシッカリ創ってくる」だろうし、今度ばかりは、いくら
ヤマハ贔屓目にみても、フィットネス、ディフェンスの面でのパナソニック優位は、そうそうタヤスク崩せられることでは、なかろうかな。(


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
『アーカイブ:17』
NEW Topics
④:よくある議論
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR