2015. 02. 10  
大学チーム対トップリーグの戦いのうち、大学№1帝京大が、トップリーグ10位のNECに勝った。

帝京大の「フィジカル面の伸びが良かった」のと、「フィットネスをうまく使うためアタックでのむやみなコンタクトを避けた」こと、「そのぶんランフィットネスおよびゲームのテンポでは、NECより優位にたてた」こと、「ディフェンス前へ出て肩でキッチリとタックルする基本徹底した」こと、「アタックでもFWを前に走らせる効率よいゲーム運びをした」こと、「随所で効果的な『前パス』を活用した」こと、などが勝因だろうか?

ただし「大学チームオリジナルなゲーム創り」、特に「チーム独自のアタック」などに新鮮味がなく、「トップリーグ予備軍的なところ」に、 とどまっているのが、惜しまれる
今後も、「創造性あふれるラグビーの構築」に、期待したいものである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
『アーカイブ:20』
NEW Topics
⑮:アタックについて
⑭:アタックについて
⑬:アタックについて
⑫:アタックについて
更新遅れ、お詫び
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR