2015. 02. 20  
今週は「確定申告」など、何かと忙しくしていたので、「日本選手権」のビデオを見るのが遅くなってしまった。
帝京大東芝戦、帝京の善戦との評判が多く、確かに昨年度よりは努力のあとがうかがわれたが、帝京の進歩というより、今年度スーパーラグビーに参戦するといっている・トップリーグの選手達のフィットネスのなさ、また敵の弱味に対して、自チームの強味を前面に出した戦い方で圧勝出来ないというチーム力のなさの方が、気になったのは、私だけだろうか。

ラグビーというのは、鍛え上げた・身体および身体能力をベースに、厳しいゲームの中での状況把握即断による実行力発揮という経験を積み重ねて、進化していくものであり、現在のほぼプロ化しているトップリーグと、アマチュアの域を出ない・現状の日本の大学チームでは、もっと格段の差があるべき筈ではないだろうか。

また、1月11日にも書いたように、いまの日本ラグビー界にとっては、大学時代の生ぬるい選手育成期間が問題であり、また、 そのマネージメント面で一歩先んじた帝京大だけに、優秀な素材が集まってしまう、現代の若者の「寄らば大樹の陰」の風潮も打破し、さらには他大学絶大なる進歩にもよって、お互いに「切磋琢磨出来る環境」にすることの方が、最重要課題ではなかろうか。
ラグビー界こぞって、課題解決に踏み出さないと、2019年に間に合わないのではなかろうか。私だけの杞憂であれば、よいのだが、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
日本選手権:③
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR