2015. 02. 23  
2月1日の記事で予想した通り、準決勝戦は、 「ある程度の接戦」だったが、「敵のミスに乗じて得点する」といった場面が多く、「平均年齢」のからくる「若さと勢い」で勝負がついたような、これといって「特徴のないゲーム」で、
もう少し日本人の特長を生かした「スキルフルな面白いラグビー」が見られなかったのは、残念なことであった。

決勝も、シーズン後半になって「勢い」の出て来たチーム同士の戦いで、どうなることやら?
今度こそ両チームとも、「これがトライだ」と、最初から「意図をもって、職人技のようなプレーの連携で、トライを演出する」ような、「スカッとするトライ」を、 見せて欲しいものである。

そうでないと、「日本選手権」の名前に、少々恥ずかしいトーナメント大会にならないだろうか。両軍の健闘を祈る!!


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
『アーカイブ:23』
NEW Topics
⑮:アタックについて
⑭:アタックについて
⑬:アタックについて
⑫:アタックについて
更新遅れ、お詫び
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR