2015. 02. 28  
今日行われた、「決勝戦」は、ヤマハ15-3サントリーという結果であった。
ヤマハの勝因は、スクラムディフェンス進歩、サントリーの敗因は、ディフェンスの脆さとアタックのミスの多さ
残念ながら、「スカッとする」までにはいかなかったが、猛練習で実力を積み上げたであろうと思われるヤマハの初優勝は、祝福しておこう。

これで、ようやく、今シーズン終了。しかし、同じようなゲームが続いて、
間延びし過ぎ」の感じがしてならない。
「トップリーグのプレーオフ不要?」など、方式の改善を望みたいもの、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
『アーカイブ:25』
NEW Topics
⑬:アタックについて
⑫:アタックについて
更新遅れ、お詫び
⑪:アタックについて
⑩:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR