2015. 05. 30  
A 高校 I 先生から、素晴しいコメントが届きましたので、、、

< I 先生 : お久しぶりです。A 高校の I です。
その後も、ビーチラグビー、タッチラグビーを中心に、様々なスポーツも取り入れて、やっています。
ここ、4ヶ月間は、 朝体育館が空いていたので、バスケットとバレーを10分やり、その後、ビーチラグビーのルールでのゲームを、やっていました。
そして最後に、バスビーをやり、楽しんでいました。最近、体育館での部活が朝練習を始めるようになり、ラグビー部は、 外での練習となりました。
そこで、サッカーとラグビーを掛け合わせた・サックビー(ビーチラグビーボール ・ 少し小さいラグビーボールです)を始めたところ、なかなか楽しい、すぐに虜に…。 遊んでいるようにしか見えない部活ですが、今できること 、少しでも楕円球を広めるということは、出来ていると思います。
新入生部員は、女子2人、男子は5人来ています。 この子たちが新しい友達を連れてきたりします。 入部しなくても、生徒たちが一度でも、 楕円球を体験すればよいと、感じています

横井感想 : イヤー、大変結構ですねー。昨年度にコメントをもらい、少人数のラグビー部を立ち上げられた先生に、いろいろなスポーツをすることを、
推奨したところ、その実践について、報告されてきたものです。
このように、 遊び感覚でいて、しかし、『新しいことを、自分達工夫をして、思いっ切り、 楽しくやること』が、大変重要なことなのです。
そして、このようにして鍛えられた『身体頭脳』は、将来の7人制15人制ラグビーをやる時には、決して無駄にはならないどころか、『自由闊達柔軟な考え方行動』が、今後の武器となることでしょう。
本当に、この中から、将来のオリンピックワールドカップ出場者が出ることを、大いに期待しています。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ブログ再開いたしますが、、、
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お願いがあります。
横井返信:引用して貰って、いいですよ。

> A高校のIです。先日はコメントを乗せていただきありがとうございます。励みになります。
> 先日の5月27日に日本協会より、女子の国際交流プログラムに関するメールが届きました。2019ワールドカップ普及啓発授業 国際交流プログラムという名前です。
> 本校のラグビー部や地区にとってすばらしいチャンスなので、本校女子選手も応募しました。
> そこで、本当に申し訳ないのですが、横井さんのブログの記事から、文章を引用させていただけませんでしょうか。タッチラグビーをやるようになった理由などを合わせて日本協会にもう一度送付しようと考えています。よろしくお願い致します。
ありがとうございました♪
急なお礼で困惑させているかもしれないんですが…(汗)Yokoi Akiraさんのブログ見させてもらって、下にばかり落ちてく気持ちを止めることが出来たというのか
気がついたら少し上向きになった気がしました。
良い言葉が出て来ずもどかしいのですが感謝してます。
厄年ではないはずなのに悪い事ばかり降りかかりため息ばかりの日々を過ごしていて
少しでも気分転換になればとブログのお散歩してたんですがだいぶ心が軽くなりました。

素敵なブログを書かれているYokoi Akiraさんに今の悩みを聞いて頂けたらなとふと思い、勇気を出してコメントさせてもらいました。

突然でご迷惑ならすみません。
聞いてもらえるだけでいいので連絡してもらえませんか?
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR