2015. 07. 08  
残念ながら、「なでしこジャパン」は準優勝に止まった。しかし、このゲームの経過を見て、多くのスポーツ指導者は、「大いなる教訓」を得た筈である。

まずは「ゲームの入り」、アメリカは対ジャパンに向けた戦術を、本当に練りに練って、また、 それを完遂させるための訓練に、「相当の準備」をしていたことが、窺えたのではなかろうか?

4年前ジャパンにしてやられたセットプレーにリベンジとばかり、また通常身長差から上にあげると思われたコーナーキックを、裏を衝いて低いボールで、スピードよく、 絶妙のタイミングで走り込んだ・⑩ロイドに、 ピンポイントで合わすという離れ技を見せ、開始2分先制点
その直後の4分にもコーナーキックで、今度も低いキックで来たものを、後ろ向きのままシュート、それをまたタイミングよく押し込んで2点目
さらに、今度はジャパンの一瞬のクリアミスを押し込み、次はキーパー海堀のポジションミスを見逃さないロングキックでのゴールと、「相手のミスを絶対見逃さない視野の広さと、一瞬の対応能力の磨き」というアドバンテージを
いかんなく発揮して、序盤に4対0とリード、勝負を決定づけてしまった。

その後ジャパンは、メンバーチェンジと、フォーメーションチェンジで応酬し、2点を返し、その対応能力進歩と粘りを見せたが、その後、またもアメリカのコーナーキックで、今度は上にあげてのヘッディング失敗からも、切り返しつないでの押し込みゴールでダメをおされ、万事休したのであった。

ただ、やはり強くなって来ればマークされ、対策されるのは当たり前であり、また、身長など身体の、さらには走力、シュート力など身体能力の劣勢
抱えていても、それらをカバーするため、 常に新しい戦術開発し、世界に先立たねばならないのが、「ジャパンの宿命」なのであって、今後のさらなる精進を、大いに期待したいものではなかろうか?


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑤:15人制ラグビーの練習
NEW Topics
サッカー勝った
大阪北部地震
⑧:ゲームに勝つには、、、
②:日本代表の戦い方?
日本代表の戦い方?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR