2015. 09. 19  
ワールドカップ開幕戦、イングランド対フィジー戦を見たので、感想だけ書いておこう。
あのゲームを見て、常々ブログにも書いている『私が推奨していること』を、感じて頂ければ、幸いではなかろうか?

ディフェンスは、『前へ出て低く激しく入るタックル』になってきている

アタックも前へ出る、但しアタックは、ディフェンスに捕まると思えば、『前へ出るより、あらゆるところからボールをつなぐこと』を、優先して考えられる

アタックでトライを取るのに『前へパスが出来るキック』が、うまく使われる

トライをする場面では、大変な修羅場になっていて、ほとんどビデオ判定になる。故に『片手プレーは論外であり、トライの練習を真剣にやっておかねばならない』と考えられる

⑤会場は大歓声に包まれ、声が届かないので、『コミュニケーションの方法』を考えておく必要がある


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ジャパン、勝った
NEW Topics
⑮:アタックについて
⑭:アタックについて
⑬:アタックについて
⑫:アタックについて
更新遅れ、お詫び
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR