2015. 09. 24  
ジャパンのワールドカップ第2戦・スコットランド戦は、8月28日のブログにも書いたように、私が予測した『アタックでの「シェイプ」や、「ポッド」を採用した戦術の組み立てでは、敵の分析裏をかくことも、厳しいということではなかろうか』という懸念的中して、10-45負けてしまった
これが、ワールドカップということか、めげずに、次戦に向かって準備をして欲しいもの、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
②:もう一つの懸念
NEW Topics
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR