2015. 10. 04  
ワールドカップ、ジャパンの第3戦・サモア戦は、予想どおり、サモアがラフ
プレー
など17のペナルティ、10数個のノッコンなどのミスを連発して自滅、それに対し、ジャパンはラフプレーに構わずに、正々堂々のフェアプレーと、初戦・南アフリカ戦の『挑戦魂』を思い出して応戦し、『練習して来た戦術』をミスなく遂行することが出来て、26-5快勝となった。スコットランド戦の
悪い点を修正出来た、素晴らしい戦いぶりであった。

しかしながら、Bグループでは、南アフリカスコットランド戦で、南アフリカが34-16で勝ち、3チームが3すくみの2勝1敗で並び、『勝ち点争い』になって来た。

現時点の勝ち点では、南アフリカ11点、スコットランド10点、ジャパン点の第3位で、ジャパンが最終戦アメリカ戦に勝っても、南アフリカ、スコットランドが最終戦にそれぞれに勝てば、勝ち点で届かず、ワールドカップ史上初めて『プール戦3勝1敗の好戦績でも、準決勝進めない』という厳しい状況となり、アメリカ、サモアの勝利頼みということになったが、なんとか『他力本願』でも、『準決勝進出』を期待したいものである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
開催国イングランド、予選敗退
NEW Topics
㊸:ラグビージャパンの足跡
㊷:ラグビージャパンの足跡
㊶:ラグビージャパンの足跡
㊵:ラグビージャパンの足跡
㊴:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR