2015. 10. 05  
ワールドカップで、もう一つ、珍しいことが起きた。それは開催国イングランドが、決勝トーナメントへの出場を逃したということ。いままで、共同開催国が出場出来なかったのはあったらしいが、、、

世界ランクのベスト8チーム(オーストラリアウェールズイングランド)入った「死のAグループ」は、もともとから、 厳しい戦いが予想されていたが、イングランドは、第二戦目のウェールズ戦で、前半こそスクラムで圧倒して、1T、1G、3PGの16-9(ウェールズは3PG)とリードしたが、後半70分ウェールズの『絶妙な前パス』でトライを奪われ25-25の同点、73分にはPGを追加され25-28リードされたが、直後の77分に、ウェールズ陣でペナルティを得て、ジャパンと同様に勝利を期して、ラインアウトモールでのトライを目指すも2度失敗し、敗戦となった。

続く3日オーストラリア戦は、予想されたスクラムイングランド優位が、オーストラリアの対策遂行で逆に押される始末となり、また『開催国の準決勝進出は絶対使命』とのプレッシャーに押しつぶされたのか、チームとしてのまとまりが影を潜め、ペナルティミスを連発、なすすべなくて13-33の大差で敗れ予選プール敗退となった。

南半球北半球のシーズン終わりから、ワールドカップまでの準備プロセスの違いなど種々あると思われるが、北半球での『ショット優先のゲーム運び慣れ』が、『トライを取りに行く戦略、戦術の退化』を招いているのではと思われることも、ひとつの要因ではなかろうか。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
現ジャパンの真似
NEW Topics
コメント:③
①:アタックについて
コメントあり:②
変なコメントあり
⑨:変なラグビー
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR