2015. 10. 12  
ワールドカップ2015の最終戦、ジャパンアメリカは、今日の日本時間の早朝に行われ、28-18で、ジャパン勝ち、予選リーグで3勝目をあげた。

中でも、初戦の対戦相手だった、ワールドカップを2度制覇し、現世界ランク3位南アフリカを、今まで28年間ワールドカップで1勝しか出来なかった現世界ランク13位のジャパンが、最後の最後に逆転トライで破った劇的なゲームをしたこと、また予選リーグで3勝しても、決勝トーナメントに進めなかった初めてのチームだったということでも、ワールドカップ史上に、 燦然と輝き、未来永劫まで語り継がれる素晴らしい戦績を残したと、言えるのではなかろうか。

また、このパフォーマンスで、50年前にも世界を驚かせた『日本オリジナルなラグビー』の伝統の技でもある『攻守とも前に出て素早く細かく展開するスキルフルなラグビー』が、再度認識され、『世界中のラグビーフアンの心をつかんだ』ことは、次回2019年日本開催ワールドカップ時にも、あらゆる面で『大いなる追い風』となってくれることと推測され、誠に喜ばしいことではなかろうか。

しかし4年なんて、すぐ来るものであり、明日からでも『次のジャパン』の育成に全関係者がとりかかり、今度こそは、『どんなに分析され、わかっていても止められないムーブ・接近戦』などを再開発、追加するなど、さらなる進歩を遂げて、今度こそ、『決勝トーナメント出場』を果たして欲しいものである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
①:ワールドカップのなぜ?
NEW Topics
㊷:ラグビージャパンの足跡
㊶:ラグビージャパンの足跡
㊵:ラグビージャパンの足跡
㊴:ラグビージャパンの足跡
タッチラグビー日本代表大活躍
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR