2016. 01. 06  
今回の全国高校ラグビー大会は、準決勝、決勝戦の日程が従来の『中1日』から『中3日』と余裕がとられ、怪我対策の面では、素晴らしい配慮だったのではなかろうか。
そして、高校ラグビーは、各校それぞれに、自チーム持ち味を生かせた『チーム創り』が行われており、毎回、大変興味深いゲームが展開される。

中でもベストゲームは、天理―深谷戦で、双方とも、フラットボールを動かす・独自の戦法で、熱戦を繰り広げた。2019年のワールドカップに向けた ・ ジャパンにも、取り入れてみれば良いのにと、感じられたほどであった。

もう一つは、東海大仰星―京都成章戦で、これも良いゲームで、どちらにも勝機があったが、『自チームの長所を生かして、勝ち切った仰星軍配があがった。成章は、京都予選時と同様に、 『勝ち方』を忘れてしまったように感じられた。
そういう意味で、この2ゲームを見直し、参考にされては、如何


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
大学、高校の大会:①
NEW Topics
③:よくある議論
②:よくある議論
①:よくある議論
天災には、抗えん(あらがえん)
ジャパンへの期待?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で
17キャップ(キャップ対象が少なかった)

1968年オールブラックス・ジュニアに勝利

1970年以降5シーズン代表主将(歴代最長)

1973年英仏遠征、日本ラグビー初の海外
テストマッチ、世界最強のウェールズと対戦
上の写真は、その時の幻のトライ

2000年現場へ戻り、100数チームを指導

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR