2016. 02. 28  
昨27日、サンウルブズ初戦が、秩父宮ラグビー場で行われた。結果は、残念ながら、サンウルブズ13-26ライオンズでの敗戦となった。

見て感じられたのは、チームとしての成熟度、日本のサンウルブズとしては、ジャパンの約半数が参加しているといっても、やはり、 今年に発足したばかりで、チームとしての練習量がまだ少ないサンウルブズは、よく連携がとれていない。特に、それが表れるのがディフェンスではなかろうか。

それに対して、ライオンズは、 昨シーズンのスーパーラグビーで16チーム中8位のチームと言えども、ここ3年は、 ほとんどメンバーの入れ替えがないチームで、やはりディフェンスの連携も、それなりに出来ており、タックルミスも12となっていた。
サンウルブズは、まだ寄せ集めで、『ジャパン』の時のような年間120日の合宿練習量と違う環境では、ディフェンス時のコミュニケーションも希薄で、タックル時の姿勢も高く(ジャパンのプレーヤーでも、チョットその練習から遠ざかると出来なくなる者が出ている?)、タックルミス21となってしまった。

また、ライオンズ素晴しかったのは、オフロードでのツナギで、4トライの内、3トライそのツナギでトライまで結びつけており、攻守ともチームとしての成熟度を見せつけていたのではなかろうか。
サンウルブズは、後半なかばの連続攻撃でのキャップテン・堀江の意地のワントライに終わったが、サンウルブズとしては、このようなゲームで、激しいコンタクトプレー、接点での緻密な連携プレー経験して初めて成長できるわけであり、その意味では、 今後大いに期待したいものである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
塞翁が馬
NEW Topics
現ジャパンのテストマッチ
ブログ拍手
㊻:ラグビージャパンの足跡
㊺:ラグビージャパンの足跡
さらに、コメントあり
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR