2016. 06. 12  
大学チームともなれば、そのチームの成り立ち、環境、伝統、学校との連携スタッフ組織、メンバーの構成など、様々な要素があり、ラグビーそのものに対する考え方も違ってくるので、一概に『これが、絶対正解』だとは言い難いところもあり、また私も、いくつもの『持って行き方の失敗』を経験したので、次に同様のことが起きても、そのチームおよび周辺の事情をも考え合わせてアドバイスをすることにしたものであった。
故に、そのチームで起こった事実だけを書いて、『何が問題なのか』、『私がどのように対応し、アドバイスしたか』を、敢えて書いていないところは、読者の判断にお任せして、自チームの状況に照らして考えてもらって、そこには、どういう問題があるのか『問題摘出の訓練』に、また、もし自チームで同じようなことが起きた場合には、自チームであれば、どのように問題解決すればよいのか『課題解決の訓練』として、参考にして頂ければと思っている事例である。よろしく、御勘案のほどを、、、(

もう一つ、東大チームに教えて特筆すべきことがあったのは、『初めから意図をし、段取りをして行なう外ループ』が、ほぼ私が期待する形に近い恰好で出来たという『ペア』が出現したことで、『接近戦の復活』を期待できる出来事だったが、残念ながら、実際のゲームで見れたのは『一度きり』だった。

さて次に、東大との定期戦もあり、アドバイスの機会があったのが、これも、関西大学Bグループに低迷していた『京大』である。しかし、この京大生には、『まんまと一杯喰わされる』ことになったのである。
と言うのは、依頼されたOBに紹介されたのが、『関西の名門進学校で、ずいぶん昔に、花園にも出場したことのあった高校の卒業生』で、一年生ながらリーダーになってくれるので、彼にアドバイスしてくれと頼まれたのである。
そこで、数回チーム状況を洞察し、チームに合った『ゲームマネージメントと、その練習方法』を指導したのであり、私が訪れた際には『横井さん、これイイですねー、必死にやります』と言われ、てっきり浸透していくものと思っていたが、その割には成果が上がらない。

そして彼が3年生?になった頃、私の知人が監督になったので、「アア、彼に全て教えてあるので、任せておけば良いよ」と言っておいたところ、その監督が聞いてみると、「横井さんに言われたことは、我々には合わないんで、やってません」と言われたそうなのである。すなわち、全くの『面従服背』だったのである。
そこで、彼に確認のため久しぶりに訪れ、問い詰めてみると、『我々が実際のゲームで遭遇するシチュエーションは、FW、BK入り混じった状況が多いので、普通のジェネラルな練習の方がベターだと思い、横井さんの推奨する練習方法は、やりませんでした』と言ったのである。
そして、私がもう一度、『京大というチームが行うべきゲームマネージメントと練習方法』を説明、推奨したが、理解が出来ないらしく、彼は頑として、たとえば、 「3対2の練習は、FW、BKが入り混じった恰好の練習の方が、京大のシチュエーションには合っている」と譲らなかったのである。

さて皆さん『なぜ、このような齟齬が起きたのか』、お分りでしょうか? チョット考えておいて下さい。では、次回に、、、(


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
現場復帰の原点㉓
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR