2016. 07. 30  
24日の記事に対して、次のようなコメントが入っていた、、、
<函館の人:私は、三十数年前に函館で、井沢さんに何回か指導を受けたことがあります。ダミーが、『く』の字に吹っ飛んだ ・ タックル試技を見たとき、本物のタックルのすごさを、実感しました。本当に、熱い人でした
この井澤君も、早稲田ではキャップテンをしていたわけであるが、背中で引っ張る、口数の少ない、だけど本当に熱い男だったように思う。

ラグビーでは、キャップテンを別名「スキッパー」と呼ぶ、即ち『船長』である。というのは、グランドへ出てしまえば、『スキッパーが、勝つという目標達成に向けて、チーム全員に指示を出してまとめ、すべての責任を負う(航海中の船の中では、船長法律であり、しかし一旦事あれば、乗組員達を安全に避難させた後、船長だけは船と運命を共にする)』、そんなに大変で孤独な役割を課せられるものであるが、目標が達成できれば、これほど面白くてやりがいのあることはないのではなかろうか。
ただし、現代大学ラグビーチームでは、『練習が楽そうなキャップテン』を部員の推挙で選び、またラグビー自体も、大学独自の伝統色がなくなってしまって、そのキャップテンの出身高校練習方法が、そのまま持ち込まれるなんてことも、多くみられるのである。

そんな雰囲気の多い中で、帝京大へのアドバイス2年目に、あの大所帯を、 率いていくキャップテンになったのが、後に、日本ラグビー牽引していくことになる・御存知の堀江翔太選手だったのである。
何が素晴らしかったのか、少々、その生い立ち紹介すると、、、

彼は大阪の吹田に生まれ、幼稚圓児から小学4年までは、サッカーに明け暮れていたが、『エエカッコシイ』ばかりのサッカー児に嫌気 し、5年生からはスクールでラグビーを始め、6年生では175cm77kgになり大活躍 したしかし、中学校にはラグビー部がなく、平日は中学校のバスケットボール部土日はスクールのラグビーで鍛え、どちらのチームでも、『ブイブイ、いわしていた』というのである。
そして、次に進んだのが公立の島本高校ラグビー部なのである。ここでも最終3年生の時に、強豪私立がひしめく大阪の全国予選で大工大を破り、決勝東海大仰星惜敗するところまで頑張ったのである。
本当にラグビーだけじゃなく他のスポーツ必死にやり、それぞれ大活躍した最後に『ラグビーを選ぶ』という、このブログで私が推奨して来たとおり、まさに理想的な生い立ちの『堀江帝京大主将』に、出会ったわけである。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
現場復帰の原点㉟
NEW Topics
⑬:アタックについて
⑫:アタックについて
更新遅れ、お詫び
⑪:アタックについて
⑩:アタックについて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR