2016. 08. 11  
オリンピックでの日本人選手の奮闘が、 素晴らしいので、旅先ではあるけれども、一言、、、

男子ラグビー7人制』、若干準備不足のオールブラックスとは言え、初戦で14-12で勝利したのは、大金星。さらに準々決勝でも、フランスに12-7のこれも逆転勝利ベスト4に進出した。
前へ出るディフェンス』と、『じっくりボールをキープしながら、自分達が出来る攻め手で、 粘り強く』という『攻守の意図ある準備』が功を奏して、快進撃しているのではなかろうか。

また、もう一つの感動は、『男子体操』。団体での金メダルは、予選での失敗から開き直り、個人競技ではあるが、決勝での『全員の思いをひとつにした戦い』が、良かったのではなかろうか。
さらに凄かったのが、個人総合内村航平の戦い、最終鉄棒まで0.901とリードされた内村が、完璧の演技でひっくり返し、0.099という僅差ながら大逆転金メダル、44年ぶりの2連覇という偉業も成し遂げた。
イヤー、ホント、インッタビューで、内村選手自身が語っていたように、『力を出し切った勝利』を大絶賛したい。

その他、柔道、競泳、などでもメダルラッシュ、ホントに、『日本の若者、素晴らしい』、今後も期待したい。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
オリンピックでの健闘:②
NEW Topics
ドラマのような日々
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR