2016. 08. 21  
加齢による膝痛)』で、予定より早めに京都に帰って来た。取りだめしていた「オリンピックデイリーハイライト」を、 見ていると、日本選手の素晴しいパフォーマンス魅了され、いつの間にか日付が変わっていた。

特に感動したのは、終盤までリードされていたのに、『自らの質量ともに高い練習』を信じ、最後の最後まで粘りに粘って、『大逆転勝利』というパターンが多かったことであった。
その代表例が女子バドミントン・ダブルス決勝高橋・松友組の最終ゲーム16-19から5ポイント連取での大逆転金メダル
また、女子レスリング登坂、伊調、土性、川井の金メダルは、いずれも終盤での逆転劇、中でも伊調は女子で初めてのオリンピック4連覇の偉業を成し遂げ、一方で、世界最強の吉田沙保里は、4連覇を逃し『涙の銀メダル』。

そして、もう一つの勝ち方は、身体および身体能力で、どうしても劣勢な日本選手が、『他国には出来ない工夫を凝らして、考えられないような猛練習で鍛錬して勝つ』というパターン
その例が『シンクロナイズドスイミング』のリフトで『空中静止』するという演技を披露、この演技を完成するため、1日12時間の練習を課した井村監督は『指導なんかではない、戦いだ』と、言ったとか。
また、走力の差を『バトンタッチ』という職人技で補い、史上初の銀メダルを獲得したのが、男子陸上400mリレー

その他、男女卓球、テニス、競歩などでもメダルを獲得、いま現在でも『最多メダル獲得数』を更新続けているという素晴らしさであり、これらを主導した各スポーツ指導陣の努力も、大いに評価されるべきではなかろうか。

このように、日本のスポーツは『世界に先駆けて工夫を凝らし格段の努力をしなければならない』という宿命を背負い、今後も頑張って行かねばならず、2020年の東京オリンピックに向けては、更なる継続的な努力が肝要なのではなかろうか、奮闘を祈る!!


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
現場復帰の原点㊲
NEW Topics
㊹:ラグビージャパンの足跡
㊸:ラグビージャパンの足跡
㊷:ラグビージャパンの足跡
㊶:ラグビージャパンの足跡
㊵:ラグビージャパンの足跡
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR