2016. 12. 02  
私の会社生活時代の恩師の御不幸で、上京していたりして、ブログの更新が遅れてしまいました。ご勘弁を、、、
前回ブログで『まったく納得のいかない・早慶戦』と書き、チョット言いすぎてしまい、両校の関係者、ファンの皆様には、申し訳なかったことでした。
さらに、こんなコメントも入っていたので、少々、弁明させて貰います。

<Wさんコメント:早慶戦、今年の早稲田のラグビーの強化テーマ、ディフェンス、スクラム、ブレークダウンは、春から取り組んでいるにもかかわらず、遅々として進展しないのは、何故なんでしょうか。特にディフェンスが酷過ぎます。またアタックも、稚拙なアタックばかりで、弱い相手にしか通用しないように思います。横井さんは、どのようにお考えでしょうか。 早慶戦は、慶応の自滅で偶然勝てたような試合に思います

横井感想:常々申し上げているように、『ラグビー』というモノは、多くの要素があり、また、その一瞬、一瞬でシチュエーションが、ほんのちょっと違っただけで、為すべきこと変わるというスポーツで、また言葉、文章で表し得ない点も多々含んでいるモノなのであります。また、質問者のWさんについての情報も全くないので、Wさんの上記ご質問については、的確なコメントを返すことは、難しいと考えます。
さらに、両校の戦略、戦術に関することを申すのも差し障りがあることゆえ、この質問については、『ディフェンス』に焦点を絞り込み、いまラグビー現場では、『ディフェンス』が、どのようになっているのかを説明してみましょう。

まず、私が現場に戻った2000年、日本の大多数のチームは、当時の外国のディフェンスの影響を受け、『待ちディフェンス(敵のアタックを見て守る)』をしていたように思います。
即ち1968年ジャパンが初のニュージーランド遠征で、オールブラックス・ジュニア勝てたのは、彼らが想像だにしなかった『シャロー・ディフェンス(前に激しく出る守備)』と、 『サインプレーによるアタック(緻密に構築された攻撃)』を、完璧に実現できたからでした。
特に、身長で20㎝以上、体重で20㎏以上もの差があるチームを止めるには『敵が走り出す前に止めるシャロー・ディフェンス』しかなく、『BKのフロント・スリーの追い込みとFWのバックロー陣のバッキングアップの防御網』を構築するのが不可欠であり、このディフェンス完成で勝つことが出来たと考えています。
しかし、2000年に現場に戻った時には、上記の如く『シャロー・ディフェンス』を行なう日本のチームはなく、またそれを出来る身体、身体能力を備えていると思われるプレーヤーが、ほとんど居なくなっていたのであります。
しかし、外国チームのプレーヤーとの身体差は、双方ともが伸長して、差は縮まっておらず、また日本国内に於ける、どのカテゴリーでも『環境差によるチーム格差の拡大』が進み、『小よく大を倒すゲーム』を実現するためには、この『前へ出るディフェンス』が、 不可欠と思われ、この復活こそが、今後の日本ラグビーに必要だと考えたわけです。

ならば、どうすれば、復活できるのか? これがまさに、『イバラの道』だったわけです。 長くなるので、この続きは次回以降に、、、


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
⑧:ラグビー現場で
NEW Topics
朝ドラに号泣!
㊿:ラグビージャパンの足跡
㊾:ラグビージャパンの足跡
サンウルブズ最終戦に勝利
南ア戦、2015年に訂正
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yokoi Akira

Author:Yokoi Akira
横井章(よこいあきら)

ラグビークリエイター
現役時代は左CTB、ジャパン10年で17キャップ
    (当時は、キャップ対象試合が少なかった)

1968年、オールブラックス・ジュニアに勝利
1970年以降5シーズン日本代表の主将を務める
    (いまだに、歴代最長記録)
1973年、英仏遠征、日本ラグビー史上初の海外
     テストマッチ、当時世界最強のウェールズ
     と対戦、写真は、その時の幻のトライ
2000年、現場に戻り、100数チームにアドバイス

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR